ThinkPad 600X つい勢い余って買っちゃった・・・orz



ThinkPad 600X 2645-7Ej 144pin PC133 256MB 128Mbit KINGMAX



600Eの修理、延命で済ませるつもりだったのに、
ついカッとなって、買っちゃった・・・。

ThinkPad 600X 2645-7EJ ジャンク品なんで、別に高くは無いけど・・・。

メモリも一緒に購入、144pin PC133 256MB 128Mbit、16チップの物
しかも2枚、一気に最大量に増設するつもりです。

ブッちゃけると本体よりメモリのほうが高い・・・。

IBMの傑作機、メモリ足したり、セレクタードックⅢなんか追加したら・・・
余裕で50万オーバーした機種です。

フェラーリを自転車の値段で買ってきたような感覚です。

うーん、いい時代だなぁ、古くて、良い物が好きな変態なので、
こういったモノが安く買えるのは大歓迎ですよ、ホント。



明日早起きして修理しようと思いましたが、やっぱり我慢できない(笑)

サクッとやって、満足して寝ることにします。

600X本体はジャンク品なので、おそらく何処かがダメ、
場合によっては瀕死の600Eから部品は頂きます。

まずは無難そうな、メモリのチェックから行くことにします

ThinkPad 600E 600Xに最大量搭載を行うには、
144pin PC133 256MB 128Mbitのメモリが必要です。
チップセットの都合で他のタイプのメモリは2枚さすと認識されなかった気がする・・・

144pin PC133 256MB 128Mbit、ボード両面で16チップ載っているのもです。


今は安い物は5000円くらいで買えるんじゃないですかね?
実際それ位で購入しました。

600Eはオンボードメモリが32MBなので512+32=544MB
600Xはオンボードメモリが64MBなので512+64で576MBまで増設可能なんですかね?

とりあえず600Eに挿してみて動作OKだったので早速600Xに取り付け、

144pin PC133 256MB 128Mbit KINGMAX

↑ちょっとピンボケ気味、

本体を裏返して、手前側左にメモリスロットがあります。
蓋はネジ1本でとまってるだけ。

ちなみにThinkPad 600シリーズの161,163エラーの原因
バックアップバッテリーはココに格納されてます。
消耗していたのでエラーも出ていました。
600Eから移植して対処しました。

その後、早速電源を入れてみましたが、画面がちらつきます。

液晶が破損しているようではなく、バックライトがちらついているみたい・・・。

十中八九原因はインバーターですね・・・orz
まぁいいですよ600Eのインバーターは健康ですし、ポン付け可能ですからね。

600Xは日本語キーボード、600Eは英語キーボードが装着されています。
600Xでも英語キーボードを使いたいので、キーボードも交換します。
インバーター交換にボトムケース側を開ける必要はありませんが、
キーボード交換で開ける必要が出来たので、この機会にキッチリ埃も飛ばしておくことにします。


で、開けてインバーターをチェックしてみたところ、触ると画面がちらつきます。
輝度が足りないわけでも、赤い画面になってしまうわけでもありません。
多分基板上のハンダの浮きが原因でしょう、コネクター周辺が怪しいので、
そのあたりにハンダ鏝を当ててやれば多分修理も可能。

可能ですがめんどくさいので、当初の予定通り、600Eのインバーターを移植しました。

ThinkPad 600X インバーター


くっきり明るくなりました。
600Eは液晶の右端に劣化があったので、ニコイチで1ついいものが出来た感じでしょうか?

ドット抜けも無いみたいなので、汚れた画面も今度綺麗に磨くことにします。

出ているエラーはキーボード関連の物、ついてないですから当たり前です。

キーボードを装着して修理完了ですね、あっけなく完動品の600Xが手に入ってしまいました。

600Eもインバーターを借りただけ、動きますし、修理も可能。
今回はかなり美味しい買い物だったかもしれません。


あまりにサクッと直ってしまい面白くないので、
ThinkPad600シリーズの小ネタをひとつ・・・。

ネジ一つにみる整備性のよさなんてものもあります。

600Xには色々な長さのネジが使われていて、
キーボード脱着、CPU換装の際外さなければいけません、
抜いたネジの組み合わせを覚えないといけない、説明書を見ないと困る・・・はずなんですが、


thinkpad ネジ


↑の画像のように、ネジ穴の脇に矢印があるんです。
このやじるしはキーボードパネル脱着に抜く必要があるネジを示していて、
更に矢印の長さはネジの長さを表しています。

ネジをなくしさえしなければ、長さを比べながらネジをはめるだけで元通り、
こういった後で触るときにやさしい設計ってすばらしいですね。
ユーザーが触るだけではなく、サービスマンの方にもやさしいのでは・・・?

そんな感じで陳腐化600シリーズは手放せないです。

本体の修理は終わったので、明日はセレクタードックⅢですかね?
600Xにあわせてもう一度中身をつめなおします。

BUFFALO IFC-PCI6GLIU2 PCIバス対応 インターフェースボード
B0006IA1OG


このボードも届いていますしね・・・。

でも結局要らなかったかもなぁ、600EのセレクタードックのIDEが使えなかったので、
USB2.0を利用してDVD-RAMドライブを迂回接続しようとたくらんでいたんですが、
マザーボード、というか本体が丸ごと600Xになり、
セレクターベースへの接続コネクターの破損の問題も解決しました。

ギガビットLANくらいしか利点が無いですが、折角買ったんですから付けますかね、
使い道はまた後で考えることにでもします。

とりあえず本体の修理終わりましたし、コレで満足して寝れそうです。













<トラックバックについて?>
トラックバック大歓迎です、自由にどうぞ
内容と全く関係ない&リンクのないトラックバックは削除させていただいています
↓このページのトラックバックURL
http://passedtime.blog12.fc2.com/tb.php/959-a258adec





<<次の記事
⇒[モトラにかかった費用を一応メモしておくことに・・・]

>>1つ前の記事
⇒[DeLonghi オイル・ラジエターヒーター 買ってきた]



 
⇒[Comment:2]   ⇒[Trackback:0]
 
FC2 Tag(s)
ThinkPad  600X  2645-7Ej  144pin  PC133  256MB  128Mbit    KINGMAX 
最終更新 2006年12月29日03時54分
[記事カテゴリー ・PC関連日記ログ ]


Comment

増設メモリーに関してご教授をお願いします
不躾のメールをお許しください、下記の記事に惹かれてメールをしました。
面倒と無視いたされても仕方が有りません。ご容赦ください。

「ThinkPad 600X 2645-7EJ ジャンク品なんで、別に高くは無いけど・・・。

メモリも一緒に購入、144pin PC133 256MB 128Mbit、16チップの物、
しかも2枚、一気に最大量に増設するつもりです。」

当方、600X 2645 3EJ 450MHZ メモリー326MB を中古で入手。
HDDはトラブル無く交換、XPに変更しました。
問題はメモリーで、PC133 256KB×2に換装すると、電源ONでメモリ表示は増えるのですがOSをロード出来ません。
起動時にF1を押してもEasySetup画面も立ち上がりません。
メモリーの相性不適なのか、他に問題が有るのでしょうか?
解決の糸口でも、お教えいただければ幸いです。
2010/12/18 home sato sinta #- 
返信
書いてあるとおりコメント欄に対してメールでは返信していません
4年も前のことですし実機も今手元にないのでどーしよっかなと思いましたが

ThinkPad 600X チップセットは、440BX 256Mbitのチップを積んだメモリは認識できない
そのため144pin PC133 256MB 128Mbit、16チップの物が必要なわけですよね
まずメモリのこの問題はクリアされた上で576MB仕様にしているのでしょうか?


で、ふと横を見てみるとなんかよくわかりませんが600xが転がっていました

http://twitpic.com/3h3re7

こんなメモリを使用して576MB仕様で運用してました
BIOS画面にも入れないなら何かしらハード、相性面で問題があるのではないでしょうか?

2010/12/18 home Tomo #WsvXmTbs 

コメント等、何かあればお気軽にどうぞ















英語のスパムコメント対策で英単語に対して投稿制限が掛かることがあります
メールアドレスを書いて質問くださる方が多いのですが、
基本的にコメントに対してメールで返信はしません、コメントにはコメントで返信します。


TrackbackList

ページを移動

過去ログリスト

記事カテゴリー一覧