スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



<トラックバックについて?>
トラックバック大歓迎です、自由にどうぞ
内容と全く関係ない&リンクのないトラックバックは削除させていただいています
↓このページのトラックバックURL
http://passedtime.blog12.fc2.com/tb.php/946-d669c242





<<次の記事
⇒[いかぽんさんへ 私信]

>>1つ前の記事
⇒[モトラ MOTRA CT50J タペットクリアランス調整]


  
 
FC2 Tag(s)
最終更新 --年--月--日--時--分
[記事カテゴリー スポンサー広告 ]

武川:タケガワ/ストリートタコメーターキットを装着




武川:タケガワ/ストリートタコメーターキット (B/W) (1:6.5)
武川:タケガワ/ストリートタコメーターキット (B/W) (ギア減速比 1:6.5)


注文していた機械式タコメーターのセットが届きました。
キタコ製の減速比が違う物はメーカーで既に廃盤とのことで、
こちらの武川製のモノを購入しました。

3速遠心クラッチのモトラにタコメーターが必要かどうかは正直微妙ですが、
調子の微妙なエンジンの状態を見極めたいし、キャブ調整もしっかりしたい、
何処か悪化する前に気がつきたいのでアリじゃないですかね?


なんで機械式? 電気式の物は電力不足で多分動かせないからです。
アイドリング時の回転数が測りたいのに、アイドリング時の発電量では、
ウィンカー動作させるとタコメーターは動かないと思う。
やっぱり発電機も今度何とかしないとなぁ。

まぁそれは良いとして今回はタコメーターの取り付けです。



・たまには普通の?日記 
・モトラの減速比とタイヤ径変化に因る速度変化

この辺の日記でメモしていましたが、
キタコ製、武川製、その他のカムスプロケットにつけるギアボックスは発売されています、

キタコ、武川製共に2、3本のボルトの物に対応となっているサイトが多かったんですが、
色々検索しても、肝心のギアボックス裏側の画像が全く出てこない。

他にマトモなカブタイプのエンジンが手元にありませんので、
モトラのエンジンを他のカブエンジンと比べて・・・といったことも出来ません。

買ってみて合わなかったらどうしよう?と結構ビビリながら購入しました。

モトラ MOTRA CT50J バルブタイミング調整
↑バルブタイミング調整の時に開けました。

モトラのカムスプロケットはカムに3本のボルトで固定、
ボルトの配置はカムの穴にあわせて正三角形がちょっと潰れたような二等辺三角形。

ギアボックス BOX 合わせ面 裏 武川:タケガワ/ストリートタコメーターキット (B/W) (1:6.5) MONKEY カブ モンキー モトラ シャリー DAX
↑一応クリックで拡大(別窓)

ギアボックス裏のカムスプロケットとの合わせ目はこんな風になってます。
この画像が買う前に見たかったんですけどね、いろいろ探しましたがありませんでした。

まぁ届いてから見る限りでは大丈夫そうで安心しましたが・・・。

真ん中の丸いのがカムスプロケットと一緒に回転し、
ギアボックスで減速された回転を取り出します。

減速比は1:6.5みたいで、ギア比の合うタコメーターを流用可能。

流用可能ですが、メーターもセットになっていますので、別に用意の必要はないですね。

武川:タケガワ/ストリートタコメーターキット (B/W)


付属のメーターはコレ、14000回転までの物ですが、どう考えても14000まで回りませんよ・・・。
ボディは黒、文字盤は白、個人的にはこんなスッキリしたのが好きです。
モトラの純正メーターに合わせて黒い文字盤の物でも良かったかもしれませんけど・・・。

武川:タケガワ/ストリートタコメーターキット (B/W) レビュー


寝る前にパッと組み付け出来る状態まで仮組みしました。
付属のメーターステーを組み立て、メーター照明バルブを6V→12Vに変更、そんな感じです。

ノーマルのヘッドカバーは腐食しまくっていますので、
このギアボックスがつけば異様にソコだけ浮きそうです。

メーターケーブルが短いので取り付け場所に悩むかも?
長さが足りなければ、仮付けしてメーターケーブルの替えを手配しますかね。

バックライトの電源はどこからもらおうかなぁ、
照明から引けとの指示ですが、照明ってスピードメーターの照明ですかね?
親切に分配コネクターもついてるので作業自体は楽そうです。
晴れたら組み付けることにします。


<↓2006年12月10日追記>



   ___        _   └,'    //、 l,;;;;;;;、  l\  \,.、;;;;;;;;;;;゙, `、
.┌┘└┐'\┌‐┘└─┐ ヽフ,./ /、;;;ノ ,.,.゙''''  ヽ、;ヽ,"' .\.\;;;;;;|└、
.└.フ ='‐、" ゙'''フ ==、┘     / ,.-,,、 ''''"    ゙''" ,.,、.\:::\;| /|
. /"o ┌_ヽ .)  く__‐''つ )    / /‐'"/ -,.,  「;;;;;;/ ;;;''‐-,,゙、;;;;::、|ヽ,|
. ヽ、,,,,ノヽ,,/  ヽ,,, ̄,,/    /‐'" "''"‐' ゙,-‐'''""'‐'"''''‐-、 l;;l\;;;;|  .|
. ┌┘└vヽ、    / >    /,.-‐, // └ ,.-‐'、''''''''''''''''''、 ヽ",-、\ l;; |
. └┐ ==ヽ、'  / /    └/,.//-'" ,./;;;;;;;;;;;、ー__ヾ  \ ヽ‐、 .| 、|
 /,、┌‐、 ゙l  \ \       /  ,.イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、_, ゙゙   ,-、\,.___ノ''",.,゙ヽ、
 \"_.ノ、'''/    \ >     / / |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>‐---,.,゙''"/、==\_‐、,.、|
    ┃    ┌┐ .゙"     //|   |;;;;;;;;;;;;;;;;/     ̄""''''" " ,.-,.''"/,l
    ┃    | |       /  l.|  .|;;;;;;;;;;;;;;;|    ,.‐'' ,.─-,.,,.、 ヽ ./|
    ┃    | |  /ヽ,   | . l.|  .|;;;;;;;;;;;;;;;|    / / ,.,.,.,.,.,._ ゙"'ヽ、゙、
    ┃    l、ヽ‐"./    > |   |;;;;;;;;;;;;;;|  /.: /‐,.-‐"   ",ヽ ,| `
    ┃     ゙''''',.",     /  |   |;;;;;;;;;;;;;;|  |.: /"'/"    / ヽ,./ |
    ┃        | └┐  ゝ  .|   |;;;;;;;;;;;;;;|  |. /ノ"    /ヽ-// /
    ┃     ,.-┘ "、"  /   |   |;;;;;;;;;;;;;;|   ./'"    /ヽ-././  |
    ┃     ヽ,._°ヘ/  |   |.|  |;;;;;;;;;;;;;|   /     ヽ-‐" / : |
    ┃     ┌、~ _   \ 、| |  |;;;;;;;;;;;;;| ll  |         / ;; |
    ┃    匚  コヽ、/   \‐',ノ,.  |;;;;;;;;;;;;;| ;;;. |         | .;; |
    ┃    ,..┘ "'_"'ヽ,  ,-、\‐"  |;;;;;;;;;;;;|  ;;;. |         | ; |
    ┃    ( o |,.-' /  |‐''"゙゙   |;;;;;;;;;;;;|  ;;;. |_,.--、.      |  |
    ┃    ゙ヽ,='',ヽ‐_"   |゙、.     |;;;;;;;;;;;;|  ;; |ヽ,  ヽ、,..‐、 |  .|
    ┃    ┌┘└┐,ヽ  ゙、`、.    |;;;;;;;;;;;|  ; |、,|   ゙, ヽ.┤|  |
    ┃    ",フ "'__''ヽ,   | ヽ    |;;;;;;;;;;;;|  ; |、.|   |  ヽ,||  |
    ┃    / o |,.,.ノ ノ   | ゙、     ヽ;;;;;;;;;;|  ;;; |ヽ|   |  |、| |
    ┃    ヽ‐-''ヽ-‐"  ,.、| ゙,    \;;;;;;;;|  ;;. |ヽ,   |  .|、| |
                  |   ヽ     \;;;;;;|  、 |"'、   ゙  |、| .|
   ┃┃┃┃         |    \     ゙、;;;;;|  | ゙、 ヽ-,.,.,.,.ノ .| |
   ┃┃┃┃         ゙、    \    ゙、;;;゙、 ゙、 ヽ-,.,.,._  ノ |
   ・ ・ ・ ・         ヽ、     \    ゙、;;゙、 、,.,._   ""~ /
                   ゙、      \   \:゙、   ,--"、ヽ‐/
               __   ゙、       \   ヽ-‐'"    ヽ |
               / \   ヽ         \          /
              | . |  \ ゙、         \        /



装着できなかった・・・。(滝汗

問題は結構アリです。

まずヘッドカバーのクリアランスの問題、
メインフレームとギリギリです、装着するのも辛いというか無理、
場合によっては一度エンジン下ろす必要がありそうです。

2つ目にメーターギアの問題、コレが深刻。

カムスプロケットのボルトの中心からの間隔がモトラは広いみたいです。

このままではこのタコメーターギアボックスを装着できません。


武川:タケガワ/ストリートタコメーターキット  タコメーターギア


カムスプロケットから転写してきた型紙で調べると、
ボルトの配置角度は一緒なのですが、中心からの距離が遠いみたい。

マジックで黒く塗った部分が干渉するので装着できません。

削るしかないですね。

いまさら電気式を選ぶとかは考えない方向で・・・。

材質はアルミなので苦はなさそう、棒やすりでも5分で1ミリくらい削れそうです。

ルーターでガリガリやって整形してやることにします。

中心の回転軸は外側のカバーで固定されますので、
多少のカムスプロケの振れは許容されるかも?

とにかくやってみることにします。


<↓2006年12月11日追記>

昨日は手持ちの先端工具をルーターにセットし作業・・・全然歯が立たないorz

ということで今日は朝から金属切削用のビットを買って学校へ行こうと思ったのですが、
普通に寝坊するとか・・・orz、マジでありえない。
あわてていったら授業は休講、二段構えでアリエナイ。


まぁとにかく時間は出来たので、一度学校出ようと駐輪場行ったら・・・。

鍵無い! 三段オチかよ・・・。


鍵は警備員さんが刺さったままだったので回収してくれていました。
ホントありがたい、っていうか間抜け過ぎる、死にたい。

気を取り直してようやく工具店へ、
買出ししたのは切除可能そうな金属ビットと仕上げ用に円形の回転砥石、
ついでに小さめのバイスを買っておきました。

手ごろなバイスが無いので、昨日は素手で固定し、無理やり作業しましたが、
摩擦熱で熱いし、毎分1万回転の工具を当てるので指が危なすぎます。

作業の精度を上げるためにもバイスや万力は欲しい・・・。


学校から帰り夕方に作業再開、やっぱりビットが違うだけで効率が全然違う、
アルミなので固めのビットを使えばいい感じに削れます。

昨日は全く駄目だったのに、今日はガリガリいける、砥石でバリ取りまで楽勝でした。
のんびりやりましたが1時間掛からずに作業完了です。

メーターギア カムシャフト取り出し部 加工 武川:タケガワ/ストリートタコメーターキット  タコメーターギア



型紙のレベルは軽くクリア、付属のネジの頭もちゃんと入ります。
もちろんギアの動作も問題なし、そんなトコ加工して無いので当たり前ですが・・・。

すこ~し遊びがあるくらいで削りました、多分後は微調整でいけるはず?
遊び分はメーターギアの回転でギア自体がカムスプロケット側に押されるので多分OK。
遊び分は動作時には吸収されるはず?

表面の傷は手が滑った・・・。orz
やっぱり金属加工に関して経験値が少なすぎます、

コレで不適合の問題は改善しましたので、明日もう一度組みつけに挑戦します。

ヘッド周りのクリアランスの問題がまだ残っているので油断できません。

何とかバラの状態での組み込みが上手くいきますように・・・。
エンジン降ろすのは正直なはなしちょっとめんどくさいですよ。

エンジン下ろすとキャブも触りたくなるので泥沼化してしまいますし、
降ろし無しで上手くいけばいいなぁ。

明日は早起きしますかね、また寝坊しそうですが・・・。

<↓2006年12月12日追記>

やはり寝坊・・・。
作業は夕方へ持ち越しました。

とりあえずタコメーターギアをカムスプロケットに当ててみたところ、
干渉の問題はクリアできていました、修正の必要もなし、
センターもバッチリ合いました、合いましたと言うか、
広げただけなので当たり前ですね。

さっそくギアボックスを組み込もうと思ったのですが、
やっぱり予想通り、ヘッド脇のクリアランスの問題にぶつかりました。

装着できません、ただ車上で装着できないだけで、
エンジン降ろしたりしてヘッド脇の空間を広げれば可能。

ホンの3.4mmなんですが、フレームのメインスタンド基部と干渉して、
ヘッドカバー(ギアボックス)が装着できません。

方法は色々考えましたが・・・。

・エンジンを降ろす
  →毎回ヘッド開けるたびに?面倒なので車上で何とかしたい

・フレームとエンジンを押しで捻る
  →壊れるからダメ。

・じゃあメインスタンド基部を広げるのは?
 →条件付でOKだと思う・・・。


そんな感じで、メインスタンド基部を万力で少し広げました。

広げる→ギアボックス滑り込ませる→元に戻す。


メインスタンド基部自体。フレームから生えているだけなので、
歪んでもそんなに走行に影響しませんし、大丈夫と思いこの方法で作業しました。

とにかく装着はなんとかできましたが・・・。

パッと外せないという深刻な問題が・・・(苦笑


モトラ MOTRA CT50J バルブタイミング調整


上の画像の黄色いフレーム部とヘッドカバー部の隙間を無理に広げるといった方法ですので、
正直何度もやりたくありません、メインスタンドが根元から折れたら困ります。

上に移っているヘッドカバー真上のフレームの丸い穴の周りが干渉し、
ヘッドカバーを滑り込ませることが出来ないので、
多少穴の形が歪になるかもしれませんが、打ち抜きで内側に曲げてある部分、
裏側から穴の周り削ってやれば多少のスペースを確保できるかも・・・。
タコメーターギアボックス(ユニットボディ)を加工することも考えましたが、
必要分削ると穴があきそうな気がしたので却下です。

とにかく正常に動作自体はしてくれそうなので、このまま普通に使用して、
エンジン降ろさずに外す方法はまたゆっくり考えることにします。

場合によってはサクッと諦めてエンジン下ろせばOKです。

キックでエンジン回して動作確認しましたが、スムーズに回ります、
異音も無く、ケーブルの回転も確認できたので、メーターを取り付けました。

キット付属のケーブルは短いので、かなり場所に悩みました。
とりあえず適当なところに固定して様子を見ることに・・・。

照明の配線はスピードメーターの照明ラインをたどり、
メインハーネスとの接続コネクターの根元で付属の分配機を使用し分岐、
一応防水?ボックス内に入れることが出来たのでまぁOKかと・・・。

+の配線しかなかったので、ちゃんとアース取れるのか不安でしたが、
メーターのアースもちゃんと取れているみたいです、点灯もOK。
でもアースどこから取ってるんだろ? メータステーはゴムで絶縁されてますし、
メーターケーブル伝ってエンジンですかね?

まぁいいや、動くから気にしないことにします。

エンジン降ろすつもりで外してしまったマフラーを戻し、
その他の色々な緩めたボルトを締め、確認のあと、ようやくエンジン掛けてテストです。

今日はどうやってフレーム干渉を解決するか悩み、
コレだけの作業に2時間も掛かってたりします、
ホント寒い、12月ですし、日が落ちると地獄ですね。
手がマトモに動かないですし、やっぱりお湯を用意して作業すればよかったかも・・・。

今日はもう道まで引っ張り出して乗るのはしんどかったので、
アイドリングでのテストのみ・・・。

アイドリングさせてみてビックリ、約900rpmで回ってる、
カブのアイドリングが1700rpmぐらいだったので低すぎる気がします。
コレが上り坂での停止時の急なエンストの原因だったのかも?

明日は出かける前にアイドリングの調整をして行こうと思います。


<↓2006年12月13日追記>

モトラエンジン ヘッド カムスプロケット カバー


ガレージに放置してしまっていたヘッドカバーを回収、
20年も良く耐えたといったような外観です。

酷い汚れと腐食ですね、このまま封印・・・。
いや、タコメーター壊れたら、また付けなければいけません。

暇をみてバフ掛けの練習台になってもらうことにします。

まぁそれはいいとして、今日も雨です。
乗れません、乗れないのでアイドリング調整だけしてみました。
雨天で調整したので明日の乗るならまた調整がいるかも・・・。

昨日アイドリングの回転数が低すぎるとわかったので、
タコメーターを読みながら1500rpmぐらいに調整してみました。

暖気して、エアスクリューのほうで調整も合わせ、
繰り返しアイドリングを1500rpmへ、またエアスクリューも調整、
やっぱりメータあると楽ですね、ガレージだとエンジン音が反響して、
どうにも判断が付きにくいですし、今回取り付けに苦労しましたが、
着けて良かったなぁとマトモに運用する前から感じていたりします。

明日は晴れるといいなぁ・・・。

<↓2006年12月16日追記>

ようやく晴れたので、走ってのテストを完了、
異音、不気味な動き等は無く、無事動作しています。

とにかく回転数がわかりやすくて助かります。

今までの多少の発進もたつきはアイドリングの低さにあったのかも?

通学路を走ったところ、学校に着く寸前で何故かアイドリングが2000回転で安定するように・・・。

ちゃんと暖気が出来ていない状態で、アイドリング調整してしまったのか、
錘の多い、強化クラッチキットを積んでいますので、
クラッチが繋がる回転数は元々より低いようです。

かるくクラッチが繋がった状態になってしまうので、この状態では停止時ちょっと辛い、
ローに入れるとちょっとガクンと飛びだし気味・・・。

もう一度帰ってから調整し、今度は1500回転くらいに設定しました。


<↓2006年12月22日追記>

1週間アイドリング調整を繰り返しながら、走ってみました。
エンジンの回転数がわかると2速が使いやすいです。

坂道で3速が失速するタイミングがわかるので、割り切って2速に入れれるし、
やっぱりタコメーターは便利です。

晴れたので、一応装着画像も撮ってみました。

武川:タケガワ/ストリートタコメーターキット MOTRA ヘッドサイド


ヘッドカバーのギアボックス部はこんな感じ、
隙間はあるように見えますが、楽に取り外しができるほどではありません。

武川:タケガワ/ストリートタコメーターキット  タコメーターギアボックス モトラ


メーターケーブルはこんな感じで斜め上に引き出しています。
ヘッド汚いなぁ・・・。前よりマシになったけど、何かいい洗剤とかないかなぁ

武川:タケガワ/ストリートタコメーターキット  タコメーター


メーターはこんな感じで配置しています。
本当はスピードメーター右の空間に配置したいんですけど、
このタコメータのキットはモンキー、ゴリラ用です。
付属されているケーブルは短めで、この位置が無難といった感じです。


武川:タケガワ/メーターキット リペア用 タコメーターケーブル L=610mm

武川:タケガワ/メーターキット リペア用 タコメーターケーブル L=610mm


一応10cm長いタコメーターケーブルもあるみたいですが・・・
3800円くらい? ちょっと微妙な値段です。
一応装着は出来ているので、移動するためだけに買うのは躊躇しそう。


<2007年5月14日追記>

もうすぐ装着して半年経つんですね、
適当な切削加工の割に普通に無事どうさしています。

装着時のテストの動画が見つかったので張り、



アイドリングはいきなり思いっきり回してメーターギアが回らないで、
引っかかるとと困るので1千回転まで落としてます。

12月のクソ寒い中何してたんでしょうね、手が震えてブレまくりです。

エンジンが新しくなり、電装も完全12V化、
もう機械式にこだわる必要はそんなにありませんが、
新エンジンに移植後も無事動作しています。

動画の設置位置ではハンドルが切れず、左にメーターを移動していましたが、
ケーブルの取り回しを見直し、今では動画の通りに装着できました。

壊れるまで頑張ってもらおう・・・。












<トラックバックについて?>
トラックバック大歓迎です、自由にどうぞ
内容と全く関係ない&リンクのないトラックバックは削除させていただいています
↓このページのトラックバックURL
http://passedtime.blog12.fc2.com/tb.php/946-d669c242





<<次の記事
⇒[いかぽんさんへ 私信]

>>1つ前の記事
⇒[モトラ MOTRA CT50J タペットクリアランス調整]



 
⇒[Comment:1]   ⇒[Trackback:0]
 
FC2 Tag(s)
機械式  タコメーター  ギアボックス  カムスプロケット  電気式  モトラ  MOTRA  CT50J  切削 
最終更新 2007年05月14日01時26分
[記事カテゴリー ・HONDA ホンダ CT50Jc MOTRA モトラ  ]


Comment

タコのことを書い
タコのことを書いてるのかな?
2006/12/17 home BlogPetのラチェット #- 

コメント等、何かあればお気軽にどうぞ















英語のスパムコメント対策で英単語に対して投稿制限が掛かることがあります
メールアドレスを書いて質問くださる方が多いのですが、
基本的にコメントに対してメールで返信はしません、コメントにはコメントで返信します。


TrackbackList

ページを移動

過去ログリスト

記事カテゴリー一覧



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。