スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



<トラックバックについて?>
トラックバック大歓迎です、自由にどうぞ
内容と全く関係ない&リンクのないトラックバックは削除させていただいています
↓このページのトラックバックURL
http://passedtime.blog12.fc2.com/tb.php/896-2633aa07





<<次の記事
⇒[武川:タケガワ/ストリートタコメーターキットを装着]

>>1つ前の記事
⇒[今日こそ部屋を片付けるんだ・・・・]


  
 
FC2 Tag(s)
最終更新 --年--月--日--時--分
[記事カテゴリー スポンサー広告 ]

モトラ MOTRA CT50J タペットクリアランス調整



デイトナ/シックネスゲージ

デイトナ/シックネスゲージ


通販のついでにシックネスゲージを買いました。
コレでタペット(バルブクリアランス)調整ができます。

別にヘッドからヒドイ異音があるわけではありませんし、
する必要はなかったりもしますが、既に3万km走っているエンジンです。
この機会にやってしまいましょう。



モトラ MOTRA CT50J タペットクリアランス タペット調整 タペットホールキャップ


タペットホールキャップ開放、きちゃないエンジンです。
磨くと所々光りますので何かが堆積してるんでしょう、
今度中性洗剤でもつけて歯ブラシで磨きますかね。

って言うかダメじゃん、フライホイールで先に圧縮上死点あわさないと…。

モトラ MOTRA  タペット調整 点検窓 フライホイールキャップ


真ん中にあるキャップを外してあげれば点検窓が現れます。
コレと左端のフライホイールキャップのおかげで、
モトラは左クランクケースを外さずにタペット調整が出来るのですが…。


点検窓が開かない_| ̄|○

完全に固着してしまっています。
コインやそこらの物では歯がたちませんでした。
普通に負けてしまいます。

今日はホント昨日の予定ではいろいろやるはずだったのですが、

この点検窓を開けるのに4時間もかかってしまい。
タペット調整すらまともにする時間が取れませんでした。

最後はドリルでネジ目ギリギリのところに穴を開け、
556流しこんで固着を取りましたが…もうヘトヘトです。
固着しないように締めるとき何か対策が要りますね。

点検窓で既にコレですから、エンジンなんか割れないんじゃとか思い始めてます。


その後もタペット調整をしようと思ったら9mmのメガネレンチだけ見当たりません。
もうホント泣きそうでした。 

無理やりラジオペンチなどで強行しましたが、時間もなく
更にはズレも酷かったようでエンジンを始動するとカシャカシャと異音が_| ̄|○、
すぐに停止して今日はやむなく作業中断です。


デイトナ/タペットアジャストレンチ

デイトナ/タペットアジャストレンチ MONKEY


正直、じっくりやればシックネスゲージあればどうにかなる工程です。
ですが、タペットアジャストレンチの1つくらい有っても悪く無いと思いますよ。
あれば今日の失敗は回避できました。
今度開ける機会が来る時には必ず買っておこうと思います。

明日晴れればリトライします、工具はありませんが慎重さでカバーです。


折角ですのでサービスマニュアルより、
タペット調整の項目を抜粋して簡単にメモしておきます。


タペットの隙間の点検、調整は冷間時(エンジンが冷えている時)に行う
・オイルが少量出るのでウエスを当てておく
・Lクランクケースの点検窓キャップ、フライホイールキャップを開放
 クランクシャフトを回し圧縮上死点側でTマークと点検窓のあわせマークをあわせる
・タペット隙間を点検する
タペット隙間は IN(吸気):0.03-0.07mm EX(排気):0.03-0.07mm
・逆手順でキャップを締めて終了 フライホイールを回して異音がないか確認しておくと更にグー



更にグーと言うか、やらなかったので今日泣きを見ました。

テンパってたのでシックネスゲージを当てた画像がありませんね。
ホント焦りすぎです。
明日はじっくり取り組むことにします。
エンジン壊れなくてホント良かった…。


天気予報では今夜から雨ですが、早く降り止んでくれると嬉しいなぁ・・・。

<その後どうなったか~すでに乗り出して今更ですが追記>


気を取り直して調整をやり直しです。

モトラ MOTRA KTC メガネレンチ タペット調整


近くにタペットアジャストレンチを取り扱っている店はありませんし。

通販で届くまで作業を待てません。

だからと言って手を抜いて良い場所ではありませんので、
9mmのメガネレンチを買ってきました。
KTC製で曲がっているので奥まったところのロックナットも回せます。

モトラ MOTRA タペット調整 点検窓


ピンボケ・・・。
フライホイールをまわして圧縮上死点にあわせます。
Tマークがあるそうですが、点検窓からは見え難いです。
間違ってあわせてしまわないようにフライホイールをまわすとき、良く確認を。

前回はどうも調整中にずれてしまったり・・・。
そんな感じで失敗していたようです。

モトラ MOTRA タペット調整 シックネスゲージ


再度シックネスゲージを当てて再調整。
0.05mmの物を使い、ゲージが挟んだ状態からは引き抜ける、でも差し込めない。
0.04mmは差し込める、0.06mmは差し込めない といった感じに調整しました。

今度はちゃんと調整後フライホイールをまわして異音無いことを確認。

各種蓋を閉めて、キック数回でオイルをまわしてから、キーON
キックでエンジン始動。

いい感じにサクっと始動してくれました。
少し感じていたタペット音も無くなり、アクセルに反応してちゃんとまわってくれます。

やっぱり走行距離3万キロ超えているエンジンですし、
調整の効果はかなりあった様子です。

長距離を走った車体にはお勧めかも。

自分でやるのも良いかもしれませんが、
不安ならバイク屋さんに持っていくのも良いかもしれません。

やる時は基本的に自己責任で・・・。

<追記>

破損した点検窓のキャップを発注してみたけど欠品でした。

パーツ番号 90084-428-000 A.C.ジェネレーターキャップ

他の点検窓があるカブから流用可能かもしれませんがどんなもんなんでしょうか・・・。

<追記2>

ボアアップして軽く慣らしたのでクリアランス再調整です。
タイミングのズレ、クリアランスの狂い等無しでした。

「バルブクリアランス調整のコツ」といった検索ワードが履歴にありました。

コツってあるんですかね?
使いやすいシックネスゲージとタペットアジャストレンチ、
タペットカバーにアクセスしやすい状態で行うこと・・・くらいでしょうか?

モトラはエンジン位置が低いので、後輪、メインスタンドでブロックを積んだモノの上に載せ、
しゃがんだ自分の目の前にタペットカバーが来るようにして調整しています。












<トラックバックについて?>
トラックバック大歓迎です、自由にどうぞ
内容と全く関係ない&リンクのないトラックバックは削除させていただいています
↓このページのトラックバックURL
http://passedtime.blog12.fc2.com/tb.php/896-2633aa07





<<次の記事
⇒[武川:タケガワ/ストリートタコメーターキットを装着]

>>1つ前の記事
⇒[今日こそ部屋を片付けるんだ・・・・]



 
⇒[Comment:1]   ⇒[Trackback:0]
 
FC2 Tag(s)
モトラ  MOTRA  CT50J    タペットクリアランス調整  圧縮上死点  バルブクリアランス 
最終更新 2007年05月14日00時20分
[記事カテゴリー ・HONDA ホンダ CT50Jc MOTRA モトラ  ]


Comment

ヘッドと、異音と
ヘッドと、異音とかをヒドイしたかった。
2006/10/01 home BlogPetのラチェット #- 

コメント等、何かあればお気軽にどうぞ















英語のスパムコメント対策で英単語に対して投稿制限が掛かることがあります
メールアドレスを書いて質問くださる方が多いのですが、
基本的にコメントに対してメールで返信はしません、コメントにはコメントで返信します。


TrackbackList

ページを移動

過去ログリスト

記事カテゴリー一覧



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。