モトラのリアサスペンションの予備を確保



・手動式車高調整装置(油圧式無段階)付リアクッション


ハンドルを回すだけで、積荷によるリヤの沈み込みの回復と、悪路走行などのためのリア クッション スプリングの強さの調整が、簡単にしかも無段階に行えます。 この手動式車高調整装置付リヤクッションは、ハンドルの付いたアジャスタ部と、クッションに取り付けたシリンダ部から成り、それぞれをホースで連結し、アジャスタとシリンダのオイル室にオイルが満たされています。



サービスマニュアルより抜粋
モトラの純正リアサスペンションの正式名称は上のような感じ
じっくり観察してないのでまだ良くわかっていませんが
油圧でサスペンションのバネの締め付けを変える感じですかね?

リアキャリアの高さを若干ですが調整できます

このホント微妙すぎて使えない機能が素敵です

ウチのモトラはハンドルが固着していて、今は動きませんが
状態はそんなに悪くはない感じです
たぶんオーバーホールしてやればOKですので

ちょうどヤフオクでリアサスペンションが出ていたので落札してみました

とりあえずオーバーホールの時に替わりに着けとけばいいかと思っていましたが・・・・


モトラ MOTRA CT50J リアサスペンション クッション 手動式車高調整装置 油圧


汚すぎ・・・_| ̄|○


サスペンションとしては機能しそうですが
可動機能はコレも死んでいます

錆具合は今着いている物の方がよっぽどマシです

今更思いましたが代わりのリアサスならカブの物でもはめておけば良かったかと…安いですし

この際ですし、ストックも作る方向で2セットとも修理してみますかね

カブの純正リアサスを使うか、(というかサイズは合うのかな?)コレを予備にするかは未定ですが
まぁ2セットあれば1本くらい再生できるでしょう…

余談ですがこのサス、ハンドル根元の保護ゴムが付いてますね
今ついているものはなくなっているので移植の予定


<↓2006年10月16日追記>


モトラ MOTRA CT50J ~電装の12V化~の際に
外装を取り払ったので
リアサスのアジャスターもチェックしました

状態がよければ注油してシリンダーが動くようになれば万事OKだったんですが・・・

シリンダーを車体にネジ止めする穴が折れてましたorz
反対側にも無かったので脱落して行方不明の模様

2セットリアサスが確保できたと思いましたが甘かったです
破損の程度は軽いのでアルミステーなどで固定してやれば
問題はなさそうですが

よくみるとアジャスターやリアサスのシリンダー部から
粘度の高いオイルが漏れてベッタリ汚れてます
完全にOHが必要なようです

装着中の黄色は破損、緑は錆まみれという
実は結構悲惨な状態だということが今更発覚してます

どうしようかなぁ
モトラの純正部品発注メモの項でもメモしましたが
リアサス関連の部品はほぼ全滅、メーカーからは出ません

1セットまともなものを作るには、最低でもまぁまぁの状態のモノが1セット必要そうです

そんな感じでオークションを眺めていたら
前の緑のリアサスより安い値段で黄色のリアサスを発見
しかも緑より安い・・・悩むまでも無いですね

モトラ MOTRA CT50J リアサスペンション クッション 手動式車高調整装置 油圧


ちまちまと散財しているような気がします
いつの間にかパーツ代が車体費をすっ~と越えていく気がします

モノはかなり良い状態、汚れと軽い錆以外何の問題もありません
アジャスターカバーもついていますし、車高調整装置も可動します

難点があるとすれば上下のゴムブッッシュが無くなっているくらいでしょうか?

・HONDA 品番[ 52495-098-000 ]
フ″ツシユ,アツハ゜ーラハ″ー
販売価格(税込) \194
・HONDA 品番[ 52496-040-000 ]
カラー,リヤークツシヨンラハ″ーフ
販売価格(税込) \199


ゴムブッシュとカラーはまだパーツが出るようなので発注済
掃除と錆落とし、軽い塗装のリタッチがすんだら↑コレを乗せ変えてやろうと思います

ただオイル漏れ等まったく無いわけではなく、軽く滲んでいます
長い目で見るとこれもオーバーホールが必要そうです

コレが壊れてしまう前に残りの2セットの修理がうまくいくといいんですが・・・


<2007年7月7日追記>

一年近く放置していたリアサスの問題に取り組んでみる、
60km/h位で走ると腐ったサスペンションでは死ぬほど怖いです、
段差での挙動がホントおかしい・・・。

前にこのエントリー書いたのは去年の10月なので、モトラがきてまだ修理を続けていたころですね。
車高調スゲーとか思ってたころです。

実際1年の修理作業通してみてみると、この機能ホント微妙だなと・・・。

サービスマニュアル等で車高調として売りにしていますが、
実際に調整するのはバネの縮み幅、サスペンションのメインスプリングを、
無理やり縮めることでバネを硬くする訳ですよね、
車高が上がるのはその作業の上での副次的な効果です。

さらに車高を上げているのは油圧です、
車高が高くなっている状態のときは、リアサス側のオイルのシリンダー部に、
ずっと負荷がかかり続けるわけで、ヘタッたホース、調整ハンドル部など、
負荷に耐え切れなかった部分からオイル漏れしてしまう・・・というのがおそらくモトラのリアサスの弱点。

つまりリアサスを伸ばしたまま使うと多分壊れてしまうはず・・・。

製造から20年経った今ではどのモトラのサスも適当に使っていればオイル漏れするのは時間の問題なのかも。

とりあえず修理しようと思っていたんですが、修理は見送って、
何か別の方法を考えることにします。

<2007年7月12日追記>

モトラに装着 タイカブ 100EX リアサスペンション 

↑たどり着いたとりあえずの交換品。
ウチのモトラはくるくるメカ廃止になりました。












<トラックバックについて?>
トラックバック大歓迎です、自由にどうぞ
内容と全く関係ない&リンクのないトラックバックは削除させていただいています
↓このページのトラックバックURL
http://passedtime.blog12.fc2.com/tb.php/894-2115ab23





<<次の記事
⇒[久々にPC環境を見直してみる・・・。]

>>1つ前の記事
⇒[処分予定のパーツ類の自己メモ]



 
⇒[Comment:4]   ⇒[Trackback:0]
 
FC2 Tag(s)
モトラ  ホンダ  MOTRA  CT50J  リアサスペンション  可変  手動式車高調整装置 
最終更新 2007年07月07日23時35分
[記事カテゴリー ・HONDA ホンダ CT50Jc MOTRA モトラ  ]


Comment

no title
なんというか、毎日拝見してるとホント、レストアですね。いつでもZかっぱらってシャングリラでジャンク屋さんできますよ。
2006/09/29 home 少佐 #- 
no title
もうホントレストアです

きっと走行可能になってもすぐに解体⇒再塗装コースでしょう
まともに使えるには3ヶ月要るかも知れません
既に当初の日頃の足確保という目的を大きく逸脱しています

でもやっぱり楽しいですよ手を動かすのは、

調子に乗ってジャンク屋状態にならないようにパーツの量だけは考えないといけませんね

NS-1の残ったパーツとかもありますし
ちょっとこのままではオカンの鉄槌が下ります
2006/09/29 home Tomo #- 
無題
たまにOHされた物がオークションに出品されてるので、
何かのパーツを流用できるんでしょうね。
XJR用ヤマリンズが付くのが解って速攻で捨ててしまったのですが、
置いとけばよかったなーと後悔してます。
まぁリアサスでガラリとイメージが変わるので、
結局は交換してるの決まってますけど。w
2007/07/08 home いかぽん。 #SFo5/nok 
無題
と、いうことで交換です。

オーリンズ、今回は高い物は却下しつつ、それなりの満足度を目指しています。

とりあえず昨日書いた時点で換装済みだったりします。
ちょっと乗ってみてテスト中です。
2007/07/08 home Tomo #- 

コメント等、何かあればお気軽にどうぞ















英語のスパムコメント対策で英単語に対して投稿制限が掛かることがあります
メールアドレスを書いて質問くださる方が多いのですが、
基本的にコメントに対してメールで返信はしません、コメントにはコメントで返信します。


TrackbackList

ページを移動

過去ログリスト

記事カテゴリー一覧