スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



<トラックバックについて?>
トラックバック大歓迎です、自由にどうぞ
内容と全く関係ない&リンクのないトラックバックは削除させていただいています
↓このページのトラックバックURL
http://passedtime.blog12.fc2.com/tb.php/1297-dc4c8204





<<次の記事
⇒[6月下旬 今月もう終わりが・・・]

>>1つ前の記事
⇒[CBX125Fがやって来た]


  
 
FC2 Tag(s)
最終更新 --年--月--日--時--分
[記事カテゴリー スポンサー広告 ]

CBX125F プッスン病・・・orz



アクセル適当に開閉するとエンストする、
薄い方へ燃調振っていくとエンジンが物凄く熱い・・・多分ヤバい。

これがCBX125シリーズの持病、ガバ開けプッスン病ですか?orz

そもそも何が原因なのか? 走行距離は14000km過走行エンジンというわけでもない、
転倒後はあったものの、前の持ち主さんのメンテはそこまで悪くなかった・・・と思う。
元々新車当時からこんなもんなのか?とおもったけどこんな状態で売ってよいはずがない、
多分何かしらの方法で改善できるはず。

半年前には普通に走れていて、不動からキャブOHで起こした今は駄目、
もうすこしキャブ設定を頑張ってみる一方で何かしら他の対策も要るのではと感じてきました。

携行缶で買ってきたガソリンもそろそろなくなりますね、
また買いに行くと動かなかったんだと切ない目で見られそうなので、気合でなんとかしないと・・・。

CBX125C IGコイル ニードル プラグ

使えそうな物がないか、倉庫を漁ってみました。


CBX125C ニードル プラグ

今回修理時に新品プラグに交換しているのですが、
そもそも刺さっていたプラグはどうだったのか?そこそこ綺麗に焼けていた跡がありますので、
元々のキャブレター設定は悪くは無かったはず
バッテリー死亡、押し掛けで乗ってましたというぐらいなので、エンストとは無縁だったのでしょう、

じゃあ結局何が悪いのか? わからないのでとりあえず替えのIGコイルを用意しました、
プラグキャップも倉庫にあったドリーム50用の物に交換、
今車体についているコイルより素性が明らかなので1つ不安点が消えるはず。

で、ついでにジェットニードルもクリップ5段調整ができる太い物を探してきました、
これを使えばもう少し薄くしたり、調整の幅が広くなるはず。

あとついでに刺さっていたプラグNGK DR8EA 、
これに対応するイリジウムパワー IRIDIUM POWERも倉庫にありました。

デンソー スパークプラグ -他社プラグ対照表-
http://www.denso.co.jp/ja/products/aftermarket/repair_parts/plug/cross_ref/1001_09.html



NGK DR8EAはIX24に対応するみたいです。


NGK/オリジナルプラグ DR8EA

NGK/オリジナルプラグ DR8EA



デンソー:DENSO/イリジウムパワープラグ IX24

デンソー:DENSO/イリジウムパワープラグ IX24


DR8EAの新品もあとで用意することにします。


CF ポッシュ:CF POSH/レーシングIGコイル

CF ポッシュ:CF POSH/レーシングIGコイル HONDA軽排気量CDI仕様のオートバイ


コイル交換、プラグ交換で効果が出れば、ついでにアーシング等も行ってやればいいかな?
これでも駄目だったら、かなり凹む、もう入梅近いです、テスト走行だはそれまでになんとか・・・

<2009年6月3日追記>

まず最初にイグニッションコイル交換、IGコイル交換は物凄く効果あり、
始動性が向上、多少カブって止まろうがセルでの再始動が物凄く楽になりました。

調子に乗ってエンジンにアーシング、プラグもイリジウムへ交換、
アクセル煽ると物凄く良い感じ回転数が上がります。

一番改善したのは排気、アイドリング時白く煙りが混じっていたのですが、
無色になり、煤も減りました、よく燃えているイメージです。


しかしながら作業はここで一時中断です、用意していたニードルは使えませんでした、
いただいたアドバイスを元にパーツを発注し、その間は脇道にそれた作業で時間をつぶします。

フロント周りは明日ハンドル延長部品、フォークオイルシールが届。

週末にかけて忙しいので、次の試走は日曜日以降になりそうです。

ホットイナズマ もどき 自作 コンデンサー チューン オカルト お守り

今日は特にすることもないので、転がってる部品と廃材でホットイナズマ作りました、
こんなもんどうせ効かないし、信じてもいないですが、暇ですし、
どうせアーシングするなら一緒に付けとくか?といったような感じです。

適当に転がっていたコンデンサー束ねて、ヒューズ付けて終了、
別にプラセボ効果狙ったお守り感覚ですので、動作チェック用のLED等はなし、
ヒューズ切れて動作しなくなってようが構わないのです。

エンジンへ行ったアーシングですが、カムチェーンアジャスターボルトに行いました、
セルモーターアース部などをみると劣化が進んでいます、時期に補修が必要でしょう。

そんな感じでキャブの部品が届くまでどうでもいい作業で時間をつぶします。

サスも良い物が出てきたので、交換しよう・・・。




<2009年6月4日追記>

HONDA 品番[ 16027-KK6-004 ] ニート″ルセツト,シ″エツト  廃盤
HONDA 品番[ 16012-KK6-701 ] ニート″ルセツト,シ″エツト 廃盤
↑ 初期、2型&3型のニードル、ニードルジェットのセット

HONDA 品番[ 16022-KK6-004 ] ハ″ルフ″セツト,スロツトル 廃盤
HONDA 品番[ 16022-KK6-701 ] ハ″ルフ″セツト,スロツトル 廃盤
↑ 初期、2型&3型のスロットルバルブ


これは予想外・・・ウチのキャブで駄目な部分の部品がすべて廃番欠品でございます。

CBX125C キャブレター スロットルバルブ 加工 複製

もうほんと怪しいのはコイツらくらいなので、まとめて実績のあるものへ交換したかったのですが、
部品が出ないのなら仕方がないですね。

部品が出る≒部品が来る日頃に直ると予定が立てられる。
部品が出ない=なんとかして修理しない限り永久に試走できない。

というわけで・・・悩んでいる間に手を動かしました。

CBX125C キャブレター スロットルバルブ KSR110 キャブレター ニードル ジェット  


スロットルバルブは太さが同じ物をジャンク箱から用意、
長さを切りそろえてアクセルワイヤーで不都合が出ないように加工しました。

ニードルもこのスロットルに合う長さの物に交換。

ニードルジェットに関しては、古い物をくわえて、ニードル動かしながら吹いたり吸ったり。
だいたいどの辺で流路が開くのか調べ、ニードルに合うもの、
そんでもってアイドリング位でのアクセル開度で燃料が薄くなるような物を選択。

ちょこちょこ動かして不都合が無いか試し、組み付けて再度アイドリングテストへ・・・。


やはり指摘があった通り、ニードルジェットの交換は効きました。
スロー系、エアスクリューの設定がきちっと効くようになってます。
これなら走れる・・・くらいに改善。

その後、アイドリングでほっておくと勝手に回転数が上がって、
ストンと止まりますorz 今度は何なんだ?と思いましたが、
もう燃料がでるとこはすべて改善しましたし、二次エアでも吸ってるのか?と思いましたが違う。

エンスト後すぐにキャブを外して中を見たところ、エンジン側がえらくガソリンで湿っています。

このガソリンはどこから?と思いましたが、もう1つ流路がありましたね、
チョークバルブの座りが悪かったようです。
ワイヤー式チョークなのでハンドルを動かすと回転数が上がるってのもコレが原因か?
チョークワイヤーもとりまわしを見直しました。

その後チョークバルブがしっかり閉まるようにスプリングを修正したところ、症状は改善しました。

アクセルに回転数がきっちり付いてきます。

これで今度こそOKでしょうか?


あと1点調整中になんとなく気が付いたのですが、
アクセル2/5位の開度までセカンダリキャブが開かないように設定しておけば、
低開度時などにシングルキャブ車と同じ挙動になります。

アイドリング⇔低回転 
この左右の動きのなかでセカンダリキャブが開いたり閉じたり、
これも不安定の要因なのでは? エンジンが安定して回り出してから
セカンダリキャブレター作動でも悪くないと思うんです。

アクセルワイヤーを調整し、セカンダリキャブの作動を遅らせてしばらく様子みることにします。


<2009年6月5日追記>

HONDA 品番[ 16101-KK6-703 ] キヤフ″レターASSY.1
 CBX125FN型のプライマリーキャブレター単体は現在納期未定欠品中、このまま廃番でしょうか?

HONDA 品番[ 16022-KK7-004 ] ハ″ルフ″セツト,スロツトル
HONDA 品番[ 16012-KK7-702 ] ニート″ルセツト,シ″エツト
HONDA 品番[ 16012-KK7-701 ] ニート″ルセツト,シ″エツト  


加工流用目的でKK7品番、CBX125Cのパーツも調べましたが↑このあたりも欠品。


やはり次に不調になったら社外キャブレター交換で対処する必要があるみたいですね、
純正キャブは延命できますが、信頼性のあるパーツが入手できないので
多分どんどん調子悪くなっていくと思う・・・。


CBX125F/C P型のニードルジェットセットは

HONDA 品番[ 16012-KK7-740 ] ニート″ルセツト,シ″エツト
納期 : 7月21日前後※バックオーダー
HONDA 品番[ 16012-KK6-740 ] ニート″ルセツト,シ″エツト 在庫あり


今のところは在庫があるみたいです、

KK7品番 CBX125CP型の物もバックオーダーですが出るみたい。
最終型をお持ちの人は必要でしたら今のうちに・・・。


<2009年6月10日追記>

実際に乗って確認したので追記、
アクセルラフに開けてもエンストしませんでした。

このプッスン病の対策としてはニードルジェット、スロットルバルブの状態が良いこと、
それに加えてアクセル離してアイドリング時の燃料供給が安定していることだと思います。

ウチのキャブはまだスロージェットが未交換ですので、
信号に引っ掛かる⇒スピードダウン⇒アイドリングに入る このタイミングで稀にエンストします。
エンジンブレーキをギリギリまで使って停止すると何故かエンストしない・・・。
回転数が落ちる勢いも関係するのかな?

そんな感じで製作したスロットルバルブ、流用したニードルジェットは問題なく使用できました。

メインキャブが全開にならない、セカンダリは遅れて開く状態に縛ってありますので、
スロージェット等の到着を待って再調整を行い、縛りを解こうと思います。

<2009年6月24日追記>

CBX125F キャブレター修理
http://passedtime.blog12.fc2.com/blog-entry-1296.html


ジェット類の到着を待って、再調整を行いました、
前述の縛りも解除、キャブレターはコレでほぼ純正と同じ仕様を再現できたはず。




↑プッスン病は克服できました。












<トラックバックについて?>
トラックバック大歓迎です、自由にどうぞ
内容と全く関係ない&リンクのないトラックバックは削除させていただいています
↓このページのトラックバックURL
http://passedtime.blog12.fc2.com/tb.php/1297-dc4c8204





<<次の記事
⇒[6月下旬 今月もう終わりが・・・]

>>1つ前の記事
⇒[CBX125Fがやって来た]



 
⇒[Comment:13]   ⇒[Trackback:0]
 
FC2 Tag(s)
CBX125F  純正部品    交換  流用  IGコイル  点火  プラグ  イリジウム  NGK 
最終更新 2009年06月24日04時13分
[記事カテゴリー ・CBX125F ]


Comment

無題
こういう場合はノーマルに戻してキャブの清掃ですなぁ。
ちゃんとOHしたと思ってもタンクや経路に残ってるゴミが詰まったりするので、
何度かOHが必要です。
後は基本的な二次エアー吸気のチェックかな…。
ほんで、プラグはセッティングが決まってからイイ物を使わないと、
接点が繊細な高級プラグは一発でダメになる事があるよ。
2009/06/02 home いかぽん。 #- 
無題
>こういう場合はノーマルに戻してキャブの清掃ですなぁ。
>ちゃんとOHしたと思ってもタンクや経路に残ってるゴミが詰まったりするので、
>何度かOHが必要です。

ですよねぇ・・・コレ書いたあと投稿し忘れてて、実は2日たっているのですが
その間にキャブはクリーナー漬け込み
ジェット類も再度清掃 プラグはノーマル品の新品をもう1本おろして実験してます
設定はもちろんノーマルで・・・
イリジウムはもう最後の仕上げ用です、かぶるともったいないので使いたくないです

ようやく手が空いたので今日はキャブをもう一度組んで実験しようかなと

一番怪しいのが二次エアーですね、ゴムのマニホールドのなので、ちょっとここが不安なのですよ
放置しておいてもキック一発で掛るモトラがおそろしく良い子に見えます
2009/06/02 home Tomo #- 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/06/02 home  # 
助かります、ホントにソコで悩んでいました
ニードルとニードルジェットはやはり17ps仕様の中でも変更されているのですね、
P型(最終型)のキャブに変更してしまうか、それともバクチ的にニードルジェットを順番に買うか悩んでいました。

もうほんと、ここくらいしか原因が無いので部品発注を行い、
来週にでも交換してみようと思います。

的確なアドバイスありがとうございました、
ニードルセットは3000円位と高いので2パターン位はずれを買うと
もうキャブレター買えてしまうのでずっと迷っていました 
2009/06/03 home Tomo #- 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/06/04 home  # 
無題
>すみやさん

>IGコイルからプラグまでをシールド線

市販品でみたことありますね、アレですね

>アースは一点止めが良い様で・・・・

積んでるバッテリーが安物ですし、セルモーターのアースも怪しいことになっているので 
不調になったらエンジンを降ろし、その辺も見直してみようと思います。

2009/06/04 home Tomo #- 
無題
みんなとなかよくなりたいな
マシンをいじるのは楽しいですよね
お金と暇がないわたしにはうらやましいなー
2009/06/04 home ドリーム50 #LkZag.iM 
無題
>お金と暇がないわたしにはうらやましいなー

お金は私もありません、あったら業者にまるごとお願いしてると思います、
そして暇も今年でなくなります、今年はいろいろと人生に整理を付ける年になりそうです・・・。

でも忙しいときのほうが、作業は上手くいったりしますね、
忙しくなっても趣味の時間は守っていきたいです。

2009/06/04 home Tomo #- 
スロットルの調整
スロットルケーブルの調整は、スロットル全開で左右のインナーケーブルの出代が同じになるように調整します。(スロットルバルブを外してインナーケーブルを目視確認)
調整はジャンクションボックスの調整ネジで行います。

そうすると、スロットルの開け初めはプライマリ側しか開かなくなります。
私の場合街乗りで、4000回転くらいでセカンダリが開き始めます。
(私のは、そのときの燃調がちょっとずれてる感じがします。でも、CBXの4000回転はあっという間に過ぎますのであまり問題にならないですが・・・・)

調整時にはアウターケーブルが差し込み部分にしっかり入っていることを確認するように指示されてます。

以上、サービスマニュアルより。

頑張ってください!
2009/06/05 home tt589 #506vrMOE 
無題
TT589さん

SMは持っていないので助かります、
スロットルワイヤーについては適切な調整位置が不明だったので、
全開時のワイヤーを位置そろえることで対処していました。
一応合っていたみたいですね、良かったです。

ここからの調整はキャブの個性に寄ってくるのかもしれませんが、
ウチの場合はもう少しセカンダリを遅らせる位置のほうが安定する?ようです
ただ4000回転まではほとんど使わない回転数と考えていますので、(坂道が多い地区でして・・・)
もう少し設定を煮詰めていきたいなと考えています。

方針としてはとりあえず信号で困らないようなアイドリングと、
使いやすい回転数での安定でしょうか、6~7000回転がおいしいように調整できればなと考えています。

ただ思うのですが、色々調整できて物凄く面白い構造してますね・・・
キャブレター交換も視野に入れていろいろためしてみようと思います。

>調整時にはアウターケーブルが差し込み部分にしっかり入っていることを
>確認するように指示されてます。

これは大事ですね、キャブが2個ですので手を抜けばワイヤーの遊びが足りなかったり、
二次エア吸ったりする確立も2倍増です 

昨日調整後、軽く試走し問題なかったのでフロント周りの再整備でまた解体しています。

回して走らせるのが楽しみになってきました。
2009/06/05 home Tomo #- 
ブッスン病について
Tomoさん初めまして。去年の内容でしたので出すのはどうかととも思いましたが過去に似た経験あったのでコメント送ります。自分は過去新車でFcを購入して10年以上9万キロぐらい乗っていました。現在バイクの方は人に無期貸し出し状態で無いのですが。長く乗っていたので定期的に部品交換したのですがエアークリーナーが金網付きに変更なりましたよね。これに交換すると吸入抵抗が増すようでアクセルのつきが悪くなるようです。CBX125F後の型になると15Ps馬力とダウンしていたりするのでこれらの影響あるみたいです。私はエアクリーナーについていた金網を取り外してつけるようにしてしていました。自分の場合はこれで改善されましたけど。


2010/11/28 home zero1 #- 
無題
すいません。自分の型番間違えました。正確にはFHですね。
2010/11/28 home zero1 #- 
返信 ブッスン病について
zero1さん ありがとうございます

たしかにエアー側の吸気抵抗が増え、吸いだされるガソリンとのバランスが崩れれば、
アクセルのつきが悪くなる、元の状態と同じような感じで動作しないといったことはありえますね

・自分の場合、とりあえず元に戻せる状態ではない
                        (元がキャブレター含め既にクソボロい

・現状手に入る消耗品を今後も使う前提で整備する
  (そのためエアクリーナーは手に入るものを手を入れずに使いたい

そんな訳で今回のような悪いところの割り出しと消耗品の交換といったことになりました
エンジンに問題がなく、キャブレター自体が調子良ければ多少の不調は調整で何とかなるだろうと…。

結果この作業の後も1年乗り回しましたが、不都合が出るといったことはありませんでした。
CBX125Fは調整がシビアでそれによって評価も凄く分かれるのかなとふと思いました。

2010/12/18 home Tomo #WsvXmTbs 

コメント等、何かあればお気軽にどうぞ















英語のスパムコメント対策で英単語に対して投稿制限が掛かることがあります
メールアドレスを書いて質問くださる方が多いのですが、
基本的にコメントに対してメールで返信はしません、コメントにはコメントで返信します。


TrackbackList

ページを移動

過去ログリスト

記事カテゴリー一覧



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。