CBX125F タイヤ交換メモ



CBX125F フロントフォーク ブレーキ キャリパー サポート 


もう車体に組み込めるくらい作業が進んだのでタイヤを替えておこうと思う・・・。
山はまだあるんですが、素性が不明、劣化状況がわかりませんので前後とも新品にします。


・ブリヂストン:BRIDGESTONE G&L G511 サイズ:80/100-16 45P W
品番[MCS00127] フロント : 汎用
販売価格(税込) \3,265 × 1 = \3,265


ブリヂストン:BRIDGESTONE/G&L G511

ブリヂストン:BRIDGESTONE/G&L G511 CBX125F

 

・ブリヂストン:BRIDGESTONE G&L G510 サイズ:90/90-18 51P W
品番[MCS05649] リア : 汎用
販売価格(税込) \4,609 × 1 = \4,609
 

ブリヂストン:BRIDGESTONE/G&L G510

ブリヂストン:BRIDGESTONE/G&L G510 CBX125F



・IRC MCチューブ バルブ形状:TR4(直型)
品番[25950B] IRC汎用 対応サイズ:2.75/3.00-16、80/100-16、90/90-16対応バルブ:TR-4¥
販売価格(税込) \1,019 × 1 = \1,019

・IRC MCチューブ バルブ形状:TR4(直型)
品番[25961B] IRC汎用 対応サイズ:2.75/3.00/3.60-18、80/100-18、90/90-18対応バルブ:TR-
販売価格(税込) \1,239 × 1 = \1,239



たぶん何も言わなくてもわかってもらえると思います、
ものすごいコストケチってます、ブレーキとか強化してるのにタイヤケチって台無しじゃないよと・・・。

いいんです気が向いたら替えますから、どうせかっこいいタイヤ履いても
今の車体が汚い状況ではもったいないと思う、外装修理の状況に合わせてこっちにも費用をまわすとして、
今回はとりあえず困らない程度のタイヤを履こうという感じです。


車体が届く前にタイヤ発注してましたが、
届いた車体も、予備にかったフロントホイールもこの↑タイヤを履いていました、
純正採用品なんですかね? とりあえず安心して交換できそうです。


<2009年5月21日追記>

CBX125F タイヤ 交換


空気抜いて、ビード踏んでおとして・・・、
タイヤレバー使って引っぺがします、3本あると楽、2本は安い押え用のもの、
1本は使いやすいスプーン状のやつを使ってます。


プロツールス:PROTOOLS/タイヤレバー(使いやすい仕様)

プロツールス:PROTOOLS/タイヤレバー(使いやすい仕様)



興和精機:KOWA/リムプロテクター(3ケ組)

興和精機:KOWA/リムプロテクター(3ケ組)



リムプロテクターもあると安心して作業ができます。


CBX125F タイヤ 交換 ハブベアリング 打ち換え 交換

今回は素姓のわからんホイールですので、ハブベアリングも打ち替えます。

CBX125F タイヤ 交換 ハブベアリング 打ち換え 交換

プーラーで引っこ抜いたら、ベアリングのシールの無い方を内側にして
グリスをたっぷり塗って、レースドライバーで叩き込みます。

反対側ベアリングを打ち込んで、ディスタンスカラーを固定する前に、
たっぷりとグリスを詰め込んでおきます。

CBX125F タイヤ 交換 ハブベアリング 打ち換え 交換

取り外したベアリングはこんな感じ・・・グリスが固まってますし、殆ど残っていないです。
カラーのグリスは乾ききっていました。



オイルシールも同様にうちこんで・・・。

CBX125F タイヤ 交換 ハブベアリング 打ち換え 交換

反対側はサイズの合うシールドライバー無かったので、
古いオイルシールを当てて叩き込みました。


CBX125F タイヤ 交換 ハブベアリング 打ち換え 交換

で、新タイヤにビードワックス塗って、グイグイ踏んで片方の耳を入れ、
隙間からチューブを入れて、もう片方の耳を入れてやればOK。

空気入れて、ビード上げ、漏れがないかチェックして作業完了です・・・・漏れてましたorz

作業場が散らかっていたためか、チューブに小さな穴があいてました、
新品のチューブにパッチ貼るのはものすごい敗北感があります。

新品で補修したチューブか、今まで入ってた古いチューブ再利用か悩みましたが、
叩いていたらふさがる程度の穴だったので、パッチ当てて叩いて突っ込みなおしました。
ビード上げ兼ねて思いっきりふくらましたけど漏れはなし、多分漏れないとおもう、
というか漏れないでほしい、またフロント外してくるのは面倒です。


パイロットベアリング用のプーラーAP パイロットベアリングツール F-1



ベアリングやオイルシールの交換にベアリングレース&シールドライバー

パイロットベアリングプーラー、ベアリングレース&シールドライバーって地味に高いですよね、
数回使えばまあ元は取れます、
特に作業完了後スーッと回るホイールをみると元は取れてるなと。

ただタイヤ交換自体、下手すると悲しいことになるので
プロに任せる方が色々良いんじゃないかと思ってます。



<2009年5月27日追記>



CBX125C リアタイヤ

そういえばリアタイヤの交換も済んでいます。

ベアリングも打ち替え済み。

前後タイヤのビードが何故か上がらなかったのは、コンプレッサーの畜圧設定が原因でした。
何故か外部タンクが4kgf/cm2になってた orz

道理ですぐブラストの時空になる、ノズルが詰まると思ったよ、
いつから?多分少し前にエアブラシでプラモ塗ったのが原因ですね・・・。
















<トラックバックについて?>
トラックバック大歓迎です、自由にどうぞ
内容と全く関係ない&リンクのないトラックバックは削除させていただいています
↓このページのトラックバックURL
http://passedtime.blog12.fc2.com/tb.php/1287-070a1c48





<<次の記事
⇒[CBX125F 初期型 電装系で改装した部分のメモ]

>>1つ前の記事
⇒[Amazonって水も売ってるのな・・・]



 
⇒[Comment:0]   ⇒[Trackback:0]
 
FC2 Tag(s)
ブリヂストン  BRIDGESTONE/G&L  G510  CBX125F  G511  ハブ  ベアリング  交換 
最終更新 2009年05月27日02時58分
[記事カテゴリー ・CBX125F ]


Comment

コメント等、何かあればお気軽にどうぞ















英語のスパムコメント対策で英単語に対して投稿制限が掛かることがあります
メールアドレスを書いて質問くださる方が多いのですが、
基本的にコメントに対してメールで返信はしません、コメントにはコメントで返信します。


TrackbackList

ページを移動

過去ログリスト

記事カテゴリー一覧