スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



<トラックバックについて?>
トラックバック大歓迎です、自由にどうぞ
内容と全く関係ない&リンクのないトラックバックは削除させていただいています
↓このページのトラックバックURL
http://passedtime.blog12.fc2.com/tb.php/1286-9b7ba97d





<<次の記事
⇒[クレベリンゲル買ってきた 加湿器も使用 豚インフルエンザ対策]

>>1つ前の記事
⇒[CBX125F フロントブレーキ キャリパー オーバーホール]


  
 
FC2 Tag(s)
最終更新 --年--月--日--時--分
[記事カテゴリー スポンサー広告 ]

CBX125F キャブレター清掃



タンク開けてガソリンにおったときは大丈夫だったのに・・・

タンクの底が腐ったガソリンで詰まってました、
今日キャブから抜いたガソリンは乳液状orz

元々やるつもりでしたが、エンジン始動は諦めて素直にキャブレター外して清掃します。

CBX125C キャブレター 清掃

取り外しすっ飛ばして、いきなりバラバラです。

きったない、メイン、スローは詰まってるし、スロットルも貼りついていました。


すっ飛ばすくらいCBX125Fのキャブ取り外しは簡単でした。

ガソリンホース抜く、スロットルなどをキャブから外しておく、
エアクリーナーのチューブ抜く、マニホールドからキャブを引っこ抜く。

エアクリーナとマニホールドが柔らかいとやりやすいかも・・・
温かい時期か温めて作業すると良いのかもしれませんね、
裂けると悲しいのでやさしくやりましょう。

取り外したらさっさと洗ってしまいます。



ヤマハ:YAMAHA/スーパーキャブレタークリーナー(泡タイプ)

ヤマハ:YAMAHA/スーパーキャブレタークリーナー(泡タイプ)




ホルツ/Holts プロホルツ キャブクリーナー MH411010 420ml



クリーナはこの辺がものすごくお勧め、
ヤマハのはさらっとした泡、スッとしみこんでいって詰まりにもよく効きます。
ジェット類も綺麗にできます。

ホルツ製のをホームセンターで前買ってたんですが、
こちらはちょっと粘り気のある泡が出るのでキャブ外側の汚れとか、フロート室にお勧め。


CBX125F キャブレター 清掃

こんな感じでとりあえず綺麗になりました。

右 プライマリキャブレター
左 セカンダリキャブレター

セカンダリーはホントにMJしか入ってないのね・・・高回転時の補助ってのがよくわかります。
プライマリは普通のキャブレターです。

セカンダリーは適当に作業しても大丈夫そうですが、プライマリーは丁寧に・・・
どちらも手を抜くなよって話ですが。


CBX125F キャブレター 清掃 パッキン

パッキンはコレ、新品セットはフロート室、ドレン部、あとスロットルの蓋部分の3点セット
キャブ2個なので2セット必要です。

CBX125F キャブレター 清掃 チョーク機構


チョーク機構はこんな風になってるんですね、
この穴の底に見える小さな穴の開閉制御で作動します。
詰まらないようによく掃除しておくほうがいいかと。


今回チョーク機構をちょっといじります。

CBX125F 初期型 電装系で改装した部分のメモ
http://passedtime.blog12.fc2.com/blog-entry-1285.html


左側のハンドルスイッチを後期型の物に交換し、チョークレバーを装着できますので、
プライマリキャブのチョーク機構をレバーからワイヤー式に変更します。


CBX125F キャブレター 清掃 チョーク機構

作業はチョークバルブを後期型の物に変更するだけ・・・
先のチョーク機構部の画像を見ればわかりますが、作動原理は穴が開いているか閉まっているか、
チョークバルブもどうせ互換性あるだろうと見切り発車で取り寄せておきました。

予想通り互換性があるようです、上の画像の通り。


CBX125F キャブレター 清掃 チョーク機構

用意していたワイヤーを通し、


CBX125F キャブレター 清掃 チョーク機構

こんな風にネジ部を締めて作業完了です、
ワイヤー引っ張ればバルブが開いてチョーク機構が作動します。

掛りの悪そうなイメージのエンジンですし、チョーク使いやすい所にあったほうが良いかなと思って
作業しましたが、別にキャブ殆どむき出しですし、手も届くので別にレバーでも良いですね。

今回はウィンカースイッチをプッシュキャンセル式に変更した場合のオマケ的な感じですね。


まぁそんな感じで脱線しましたが、キャブ清掃も完了、スロットルの固着も改善済み。
タンクも洗ったので次は詰まらないはず・・・はず。


CBX125F キャブレター 清掃


逆手順で車体に戻して作業終了です、
ワイヤー関係の変更を行ったので、左スイッチなどの変更後までエンジン始動は先送りです、
エンジンかからない要素はほぼ潰したので、
後は電装系をきっちりさせてやれば安心してエンジン掛けれます。


CBX125シリーズは良くキャブレターが腐るそうですし、
また清掃する機会はあるんだろうなぁ・・・なるべく腐らせたくないですね、
何か対策を考えるとします。


<追記>

CBX125F キャブレター修理
http://passedtime.blog12.fc2.com/blog-entry-1296.html


スロットルバルブに異常があったので修理することに…。












<トラックバックについて?>
トラックバック大歓迎です、自由にどうぞ
内容と全く関係ない&リンクのないトラックバックは削除させていただいています
↓このページのトラックバックURL
http://passedtime.blog12.fc2.com/tb.php/1286-9b7ba97d





<<次の記事
⇒[クレベリンゲル買ってきた 加湿器も使用 豚インフルエンザ対策]

>>1つ前の記事
⇒[CBX125F フロントブレーキ キャリパー オーバーホール]



 
⇒[Comment:0]   ⇒[Trackback:0]
 
FC2 Tag(s)
キャブクリーナー  CBX125F    キャブレター  清掃  ジェット  スロー  メイン 
最終更新 2009年05月19日02時28分
[記事カテゴリー ・CBX125F ]


Comment

コメント等、何かあればお気軽にどうぞ















英語のスパムコメント対策で英単語に対して投稿制限が掛かることがあります
メールアドレスを書いて質問くださる方が多いのですが、
基本的にコメントに対してメールで返信はしません、コメントにはコメントで返信します。


TrackbackList

ページを移動

過去ログリスト

記事カテゴリー一覧



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。