スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



<トラックバックについて?>
トラックバック大歓迎です、自由にどうぞ
内容と全く関係ない&リンクのないトラックバックは削除させていただいています
↓このページのトラックバックURL
http://passedtime.blog12.fc2.com/tb.php/1269-8bf53e70





<<次の記事
⇒[CBX125F オイルクーラー 取り出し口 製作]

>>1つ前の記事
⇒[CBX125F 前期型の操作系統を後期型仕様に変更する]


  
 
FC2 Tag(s)
最終更新 --年--月--日--時--分
[記事カテゴリー スポンサー広告 ]

MacBook Air 外部バッテリー Slim60をMagSafe対応に改造する



携帯電話やゲーム機、パソコンなどを同時に充電できる小型バッテリー
「MyBattery Book X」を試してみた
GIGAZINE http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090404_mybatterybookx/


GIGAZINEさんの↑の記事を読んでいて思い出した・・・。

そういえば先月だったかな?作業したのは先月どころか先々月だった。

MacBook Air ZIF 1.8インチHDDを SSD PF18Z64GSSDZIFへ交換
http://passedtime.blog12.fc2.com/blog-entry-1268.html


↑のSSDへの交換作業前に
MacBookAirのバッテリーの持ちの悪さについカッとなって外部バッテリーを作ったんですよ、
バッテリーなので適当加工で燃えたりすると怖いのでずっとテストしてましたが、
もう大丈夫でしょうし、忘れないうちにメモでもしておこうと思います。

使用したのはこのバッテリー↓

外付け大容量バッテリー・Slim60・ベイサン

外付け大容量バッテリー・Slim60・ベイサン
http://www.baysun.net/product/slim60/index.html






いろいろと探したんですけどこういった薄型のタイプはなかなかなかったんですよ・・・。

冒頭の GIGAZINEさんの記事で紹介されているようなタイプばかりで、
ビミョー鞄におさまりが悪くに使い勝手が悪いかな?と思っていたんですが、

このSlim60は名前の通り薄い・・・大きさ241×179×11.0mm
薄い鞄でもMacBookAirの横に差し込めます、
しかも軽い、重さ567gです、理想的な奴ですが、やはり薄型はコストが高いのかな?
現在は生産しておらず、在庫品を探して買ってきました、2万円ちょっとだったと思います。

サwwブwwバwッwテwリーwwww しかも2万ww馬鹿だろコイツwwwwww

この時点で↑のように思われていると思います。


    _, ._
  ( ・ω・) もう・・・
  ○={=}〇,
   |:::::::::\, ', ´
、、、、 、、、(((.@)wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww





MacBookAir買っちゃたんだからしゃあないじゃないですか・・・。
SSDに換装した時もコスト的になにやってんだろうかという感覚がありましたが、
まあやっちまったもんは仕方がない・・・。

言い訳、建前として一つまともな理由を挙げて自分を慰めておきます。

MacBook Air + S21HT Bluetooth DUN 接続
http://passedtime.blog12.fc2.com/blog-entry-1262.html


イーモバイルのS21HTをMacBookAirとコンビで使っているのですが、
WifiRouter使うと1時間バッテリー持ちませんし、
Buletoothでも2時間ちょっと?使えればいいほうです。
MacBookAirが3~4時間バッテリー持つので、先にS21HTが力尽きてしまう訳です。

S21HTにUSBでMacBookAirから給電してしまうとMacBookAirのバッテリーの持ちが悪化します、
そこでS21HTに予備バッテリーを用意すると今度はMacBookAirが先にバッテリー切れになります。

なんとも微妙な状況なわけです。

そこで共用の外部バッテリーを用意すればOKと考えたわけです。


外付け大容量バッテリー・Slim60・ベイサン S21HT USB 給電

↑こういうことです。
Slim60 USBはUSB出力も持っているので、共用バッテリーとしてつかえます。
Slim60旧タイプはUSB端子なし。

もちろんその他のUSB機器にもOK、iPhone,iPodシリーズなんかとの相性は良さそうです。  


問題はここからです。



外付け大容量バッテリー・Slim60・ベイサン  MagSafe

Slim60はMagSafeコネクターにはもちろん刺さりません、
当たり前ですが付属の変換コネクターのどれも使えません。

MagSafe - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/MagSafe


MagSafeコネクタは、磁力によって本体と接続される。
電気ポットの接続と基本的には同じで、ひねりの外力が加わると容易に外れる構造になっている。
接続部のケーブル断線が減ること、電源コードに引っかけて、
本体を落下させるなどのトラブルの軽減を目的としている。

コネクタ部には発光ダイオードが内蔵されており、充電中はオレンジ色、
完了時には緑色がそれぞれ点灯する。

2008年10月現在、同コネクタを採用したサードパーティー製のACアダプタは存在しない。
Macworld誌のDan Frakesは、その理由としてアップルが同コネクタの特許を取得しており、
それを他社にライセンスする意図が無いことを指摘している。



要は電気ポットのアレなわけですね・・・
ACアダプターで直流に変換されてますし、この白いコードの中も実は大したことのないもの、
汎用なACアダプターと一緒なはずです。

ライセンス生産される予定がないということは、純正品以外出てこないわけです。

ヤフオクで部品としてコネクターが出品されていますが、
アレを買ってきて今回の作業に使用してもいいかもしれませんね。

自分はそんなに何本もMagSafeのコードは要らないと思い、
ACアダプターをちょん切って加工しました。


この作業の時の記憶が非常に曖昧です、
なんかイライラしてベロベロに飲んだ状態で作業してたような記憶が・・・(汗


外付け大容量バッテリー・Slim60・ベイサン MagSafe コネクター制作

まずコネクターをどうSlim60に接続するか?
汎用品のコネクターを用意しました。

極性をキチンと合わせてDCプラグで接続できるようにしてやればOKです。

MacBookAirの純正アダプターの出力は14.5V 3.1A 
Slim60は16~19Vの出力に対応します、
今回は16V出力になるように結線をおこないました。

MagSafe コネクター加工

大丈夫だとわかっていても、切るのは勇気が要ります。
ちょっきんと切って

MacBook Air MagSafe コネクター 加工

剥いて、接点を綺麗に処理してやって、
さっき用意したDCプラグでSlim60とMagSafeコネクターを接続できるように半田付けします。


Slim60 MacBook Air MagSafe

↑こんな感じで完成です。

バッテリー側の接続などはテスターを使ってどれをつなぐと16Vになるといったことを調べましょう、
クソがつくほど簡単な作業ですが、失敗する火事の元、Airもぶっ壊れます。
危ないのでどれとどれを繋げといったことは書きません。

わからん人はやらないでOK、わかる人はこんな結線わざわざ書いてなくてもOKでしょうしね。


MacBook Air MagSafe コネクター 加工

当たり前ですが、元の純正ACアダプターも使用可能です。

自宅ではACアダプターにMagSafeコネクターを差し替えて使用できます。


MagSafeコネクター側を長めに作っていますので、
Slim60はカバンに入れたまま、足もとにおいて机の上のAirに給電も可能です。


先にも述べましたがUSB給電機能も便利です、S21HTのバッテリー切れはこれでもう大丈夫、
専用の大容量バッテリー買おうかと思っていましたが、カバンの中でSlim60につないでおけばOK、
小さな純正バッテリーでも切れる心配ないです。


Bluetooth DUN 接続はカバンの中のS21HTに触れることなく
立ち上げられますので、
USBにつながったままでも特に問題もないです。

Slim60の価格を考えるとちょっとどうかなと思う作業ですが、
つぶれるまで使えば十分元は取れると思います。









あと余談ですが、MagSafeコネクター内部の5極の結線、非結線で
MacBookは充電、給電を管理しているような気がします。



↑このMagSafeコネクターをつなぐと充電はされず、
緑のランプ、給電状態でMacBookは動作するようです。

飛行機の座席で使うコネクターですので充電する仕様はまずいのかな?

通常ACアダプターのMagSafeコネクターでSlim60から給電すると
MacBook本体の充電機構も作動するので本体のバッテリーに充電されてしまいます。

Apple Mag Safe Airline 電源アダプタ を加工すれば充電機構が作動しない、
つまりMacBook本体内部のバッテリーを使用せずに、
外部バッテリーからの給電のみで動作するアダプターが作れるような気がします。

完璧に最大効率で外部バッテリーを使用するなら、
こちらのほうがよさそうですね・・・暇になったら作ってみることにします。

ただ今の充電されてしまう状態でも問題ない気はします、
MacBookAirの消耗したバッテリーをカバンの中で充電するといったことができますので。



Slim60は欠品ですが、



【送料無料】日本トラストテクノロジー MBBOOKX MyBattery Book X

他のものでも同じことは可能なはず・・・。

3.7V(電圧)×8000mAh(電流容量)=29.6Whと
Slim60は60Whですので半分しか容量ないのですが、
まぁないよりはマシでしょう、というか重さが半分なのか、
2個持って歩けばOKですね・・・全然OKじゃない気もしますけど。


車とかで電源が取れる場合は良いのですが、
歩いての移動が多いと電源は確保できないですよね、
使い勝手によっては外部バッテリはー非常に有効ですよ。


MacBookAirに外部バッテリーが似合うかどうかは、

また別の話ということで・・・。

遅い1.8インチHDDはSSDへ交換しましたし、

今回の作業でバッテリーの持ちが悪い問題もとりあえず改善できました。

かかった費用を考える何とも言えないのですが、
それでもやっぱりMacBookAirは悪くないです。

あとちょっと残る細々とした不満点が改善されたような新型が出ないかなぁとおもってます。



<2009年5月30日追記>

その後どうなったか? 

それなりに便利に運用しています、
このバッテリーと一緒に出かけてMacBookAirが力尽きたことはございません。

ただもう少しうまく使えるのかもしれませんねこのバッテリー。


とりあえず気が付いた問題としては、MacBookAirは本体バッテリー空でも起動可能、
しかしながらMacBookは本体バッテリーが空では起動できませんでした。

まぁ元々Air用に作ったものですので、出力も低いです、問題は無いのですが、
友人が勝手につないで電池切れのMacBookが起動せず、

壊れてんじゃね?m9(^Д^)プギャー されました。

お前さんのMacBookが馬鹿食いなだけでございます、
替えのバッテリーが用意できるんですから替えバッテリー買ってくださいまし。

ただMacBookの補充電には使用可能ですね、カバンの中でスリープ時に充電は可能でした。


補充電といえばこの外部バッテリー、USBへの給電が便利ですね。
S21HTもバッテリー切れ知らずです。

最近iPod nanoのバッテリーが死に掛けていますので、



↑これ買ってみました。 Easy Turn USB Adapter for iPod




ついでに巻き取り可能なUSBケーブルも・・・。

これでiPodも充電できます、素敵すぎる。

MacBookAirだけでなくいろいろな機器の外部電源として使えれば、
掛ったコストの元は取れるかなと思っています。


















<トラックバックについて?>
トラックバック大歓迎です、自由にどうぞ
内容と全く関係ない&リンクのないトラックバックは削除させていただいています
↓このページのトラックバックURL
http://passedtime.blog12.fc2.com/tb.php/1269-8bf53e70





<<次の記事
⇒[CBX125F オイルクーラー 取り出し口 製作]

>>1つ前の記事
⇒[CBX125F 前期型の操作系統を後期型仕様に変更する]



 
⇒[Comment:1]   ⇒[Trackback:0]
 
FC2 Tag(s)
外付け大容量バッテリー  Slim60・ベイサン  Magsafe  MacBook  Air 
最終更新 2009年05月30日01時22分
[記事カテゴリー ・PC関連日記ログ ]


Comment

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/16 home  # 

コメント等、何かあればお気軽にどうぞ















英語のスパムコメント対策で英単語に対して投稿制限が掛かることがあります
メールアドレスを書いて質問くださる方が多いのですが、
基本的にコメントに対してメールで返信はしません、コメントにはコメントで返信します。


TrackbackList

ページを移動

過去ログリスト

記事カテゴリー一覧



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。