Western Digital Caviar Black WD1001FALS



SeagateのST31000333ASが大変なことになってしまったので・・・。

代わりのHDDを調達しました。
購入したのはWestern Digital Caviar Black WD1001FALSです。


Western Digital WD1001FALS




→Western Digital Caviar Black WD1001FALSを検索





転送速度145MB/sの高速HDD「WD Caviar Black」デビュー!
http://ascii.jp/elem/000/000/146/146216/


 「WD Caviar Black」はデュアルプロセッサを搭載することで、データ転送速度を大幅に向上させたというのが特徴のSerial ATA対応3.5インチHDD。同社ウェブサイトによる最大データ転送速度は145MB/s(Buffer To Disk)とされている。



なんで他の1TBHDDより少し高いの?と思っていたらこういうことみたいです。

HDDの入れ替えついでにeSATA関連の環境整備も行います、
今まではSATAをデスクトップの外部まで引っ張り出してHDDを冷却していたのですが、
この機会にシステムHDDだけヒートシンク装着&基盤冷却。

サブのドライブはすべてeSATA接続化、ホットスワップ可能、
不必要なときはスイッチひとつで停止できるようにしようと考えています。



↑こんなの使ってデスクトップ内部から給電、
スイッチ基盤を適当に作ってやり、ファン、個々のHDDをスイッチで停止できるようにしようと思います。
デスクトップの電源から給電するので電源も自ずとPC連動ですね。

まぁその辺の話は置いておいて、環境移行が最優先ですね、
今日を乗り切れば大学のテストは来週まで無いのでのんびり作業しますかね。

Caviar Blackが快適だといいなぁ・・・。


・SeagateのST31000333ASのベンチマーク

ST31000333AS Seagate CrystalDisk Mark

SeagateのST31000333ASのベンチマークは↑こんな感じ。


SeagateのST31000333ASとの価格差は2000円くらいですが、
どれくらい性能が違うのかなぁと、今カナリ長いSATAケーブルで接続していたりと
余り良い環境ではないのですが、ST31000333ASはAHCIモードで快適に動作してくれています。
ファームウェアの不都合さえなければなんの不満もないのですが…。

買い替えの予定は無かったし、余計な買い物もしたので欲しいものが遠くなりました、
コレで性能が微妙だったらホントにドツボです。



<2009年1月24日追記>

Western Digital Caviar Black WD1001FALS

届きましたので早速装着です。

ついでにいろいろ無駄に装備させます。




XILENCE ICEBOX HDDクーラー ICE BOX


XILENCE ICEBOX HDDクーラー ICE BOX

XILENCE ICEBOX HDDクーラー ICE BOX

XILENCE ICEBOX HDDクーラー ICE BOX



ヒートシンクと・・・。




Scythe 板風 (SCIT-1000) HDD専用クーラー


Scythe 板風 (SCIT-1000) HDD専用クーラー

Scythe 板風 (SCIT-1000) HDD専用クーラー

PCケース内にHDDを装着する(今まではSATAで外に引っ張り出してた)ので、
ちょっと冷却に気を使ってみます。



Scythe 板風 (SCIT-1000) HDD専用クーラー XILENCE ICEBOX HDDクーラー ICE BOX

2つを同時に装着すると↑こんな感じ・・・。
5インチベイの高さより高くなるのでちょっと考えて装着しないとマズイです。


んでもってHDDの環境移行を行ってベンチマークをとりました、
環境移行は今回SeagateのDiscWizardを使用、市販ソフトと何も変わらない使い勝手ですし、便利です。


・Western Digital Caviar Black WD1001FALS ベンチマーク

Western Digital Caviar Black WD1001FALS


・左 WD1001FALS  右 ST31000333AS のベンチ結果

Western Digital Caviar Black WD1001FALSST31000333AS Seagate CrystalDisk Mark

2機とも容量は同じ1TB 7200回転の物ですが、
WD1001FALSの方が速いです・・・2千円分の元はとれてるのかも?


<↑2009年01月24日記述分ここまで、 以下2009年07月18日追記>


Western Digital Caviar Black WD1001FALS

使用開始後半年が経過・・・、このドライブ静かな上に速いです。


Western Digital Caviar Black WD1001FALS ベンチ

中身がごちゃごちゃしてきていますが、特に半年前と比べて性能低下はなし。


Caviar Blackシリーズは良いドライブとわかったので、
今度組むキャプ作業用RAID0はCaviar Black2台で組むことにしました。













<トラックバックについて?>
トラックバック大歓迎です、自由にどうぞ
内容と全く関係ない&リンクのないトラックバックは削除させていただいています
↓このページのトラックバックURL
http://passedtime.blog12.fc2.com/tb.php/1246-b03ff1a4





<<次の記事
⇒[WesternDigital Caviar Black WD5001AALS]

>>1つ前の記事
⇒[Google Calendar Sync を試してみた]



 
⇒[Comment:1]   ⇒[Trackback:0]
 
FC2 Tag(s)
Western  Digital  WD1001FALS    Caviar  Black  Scythe板風(SCIT-1000) 
最終更新 2009年07月18日03時56分
[記事カテゴリー ・PC関連日記ログ ]


Comment

realproduman
アドバイスのおかげで
2011/01/22 home vova #- 

コメント等、何かあればお気軽にどうぞ















英語のスパムコメント対策で英単語に対して投稿制限が掛かることがあります
メールアドレスを書いて質問くださる方が多いのですが、
基本的にコメントに対してメールで返信はしません、コメントにはコメントで返信します。


TrackbackList

ページを移動

過去ログリスト

記事カテゴリー一覧