ThinkPad i s30 ミラージュブラック天板のメンテナンス



ジャンク品で買った為、ミラージュ天板は擦り傷まみれでした・・・。
酷使されたのか、一度捨てられるでもして傷まみれになったのでしょうか?

シールも貼られていましたし、
バッテリーも死亡していたのでモバイル機として酷使されたんでしょうかね?

とりあえず見れるレベルにまで磨き上げてみました。


ThinkPad s30 ミラージュブラック ピーチスキン 比較 磨き上げ メンテナンス ポリッシュ 天板 ピアノ


こんな感じ・・・。

傷まみれの状態を取り忘れたのが惜しい、擦り傷まみれで物なんか写りませんでしたよ・・・。

天井とか写りこんでいますね、遠めに見るともうだいぶマシ、
角度によっては傷がほとんど見えないこともあるので、今回の作業は上手くいったと言ってよさそう。



IBM、ピアノ調ボディのサブノート「ThinkPad i s30」
http://www.watch.impress.co.jp/pc/docs/article/20010523/ibm1.htm


↑新品の様子、綺麗ですね、ピアノの天板みたい・・・。


Lenovo ノートブックPC ThinkPad 製品カタログ - Japan
http://www-06.ibm.com/jp/pc/thinkpad/library.shtml


PDFのカタログがまだダウンロードできます。


ThinkPad s30 ミラージュブラック ピーチスキン 比較 磨き上げ メンテナンス ポリッシュ 天板 ピアノ


比較に使っているのは通常の外装のThinkPad 600Xです。

上の画像が一番傷が見える状態で撮影した物、大き目の傷がカメラのフラッシュで浮かんできます。

多分まだ頑張れば消えるけど、そう何度もできる作業ではないので自重です。
もう少し小傷が増えてから磨きこみましょう。

今回行った作業は物凄く単純な物、
微細コンパウンド入りの車用傷消しクリームで延々と磨きました。

名前が出てこないけど光沢復活材入り洗車クリーム何たらの類だったと思う・・・。
ずっと試供品が車に積んだままだったので、年末の整理でそれを降し、
開封して使えそうだったのでs30に使用しました。


いくらミラージュブラック、鏡面仕上げの天板といっても、顕微鏡で見たらガタガタ、
波打ってたりするはずです。

要はなぜ傷が見えるのか?というところが重要なわけで、
光が傷の部分で乱反射するから傷がみえる、じゃあそこを均してしまえば良いと・・・。

綺麗なウエスにコンパウンドを垂らし、傷とクロスする向きに延々と磨きました。

電動工具、ポリッシャーを使おうかと思いましたが、
車の塗装と違い、塗膜が薄い可能性がありますので、今回は手磨きで。


SOFT99:ソフト99/99工房 液体コンパウンド トライアルセット

SOFT99:ソフト99/99工房 液体コンパウンド トライアルセット


よくよく考えればこういったセットになったコンパウンドを使い分けて作業した方が良かったかもしれません。

深い傷には粒子が大きい物、粉傷には微細コンパウンドといった形で。


作業が終了したら、必ずコンパウンドは拭き取ります、
拭いても拭いてもまだ残っていたりします、コレがくすんで見えたり、
傷が浮いて見える原因にもなりますので、綺麗なウエスをケチらず使ってよーく拭き取ります。


デイトナ:DAYTONA/仕上げワイプ

デイトナ:DAYTONA/仕上げワイプ


ウエスの後にこういった専門の仕上げ布で磨き上げてもOKかも?


で、その後の保護、仕上げですね・・・。

自分は前述の処理剤がワックスをかねていたのでひたすら磨き上げで終了ですが、

普通のコンパウンドで作業した場合、何かしらの処置をした方が良いかも?
というか自分のような複合効果のあるケミカルの場合でも保護した方が良い気がします。


SOFT99:ソフト99/フクピカ 艶

SOFT99:ソフト99/フクピカ 艶


フクピカの艶用とか? WAX効果はいかほどでしょうかね?


ThinkPad s30の塗装面の構造が良く分からないので、
どんな保護が良いのか分かりません。

一枚ジャンク天板を入手できれば紙やすりで段階的に剥いてみたいです。
そうすれば多分ミラージュブラック天板の塗装も再現できると思う。

ピアノや黒いベンツ、霊柩車みたいな塗装をすれば再現できるような気もしますが胴でしょうかね?

綺麗に磨き上げた、マグネシウムかチタンか分かりませんが天板に、まず下地処理、
艶アリブラックを丁寧に噴いて、またこの段階で塗装面をコンパウンドで処理、
この段階で既に磨き上げてからその上のクリアー層を噴きつける、
で感想後ひたすら鏡面仕上げになるまで磨き上げる。

たぶんこんな感じで天板は製造されてたんじゃないのかな?
手間かかりますよねこの方法。

下地、ブラック、クリアーの3段階で乾燥に時間が掛かり、
ブラック、クリアーの層で二回も磨きあげないといけません。

溜息が出るほど綺麗な天板ですが、作れといわれると正直勘弁してくれと思う・・・。

通常のThinkPadのピーチスキン天板と違い、塗装面を保護してやればOKなので、
車、バイク用のワックスなんか有効じゃないかと思うんですよ。


デイトナガレージ/ポリマーワックス(ネリ状)スポンジ付

デイトナガレージ/ポリマーワックス(ネリ状)スポンジ付


高いけどこんなのとか効くんじゃないですかね?

今回は車に使ってるワックス塗って綺麗に磨き上げておきました。

今後使っていく上で傷が問題になりそうですね、
ジャンクで買ったときピーチスキン天板のs30がくると思っていたので、
ミラージュ仕様は棚ボタ的な入手だったりします。

ピーチスキンで普通に持ち歩くつもりでしたが、何か考えないと駄目そうです。

使っている間の傷は仕方が無いけど、引退気味になり、置いて使うなら綺麗な天板が良いなぁ、
ピーチスキンの天板を買ってきて付け替えようか?

でもスペック的に劣るs30だし、ある意味ミラージュ仕様だから使う気が沸いてるのかな?
それならもう一枚ミラージュ天板を作ってしまおうか?

バイクのレストアに合わせて、艶アリ黒を塗る機会があれば一緒に作業すればOKだし、
今度やってみようかな・・・。
















<トラックバックについて?>
トラックバック大歓迎です、自由にどうぞ
内容と全く関係ない&リンクのないトラックバックは削除させていただいています
↓このページのトラックバックURL
http://passedtime.blog12.fc2.com/tb.php/1142-0381e976





<<次の記事
⇒[インドで27万円の超低価格車開発?]

>>1つ前の記事
⇒[ThinkPad i s30 CRT 外部ディスプレイ接続ケーブル]



 
⇒[Comment:0]   ⇒[Trackback:0]
 
FC2 Tag(s)
ThinkPad  s30    sシリーズ  ミラージュブラック  モバイル  B5  塗装  スプレー  天板 
最終更新 2008年01月10日01時54分
[記事カテゴリー ・PC関連日記ログ ]


Comment

コメント等、何かあればお気軽にどうぞ















英語のスパムコメント対策で英単語に対して投稿制限が掛かることがあります
メールアドレスを書いて質問くださる方が多いのですが、
基本的にコメントに対してメールで返信はしません、コメントにはコメントで返信します。


TrackbackList

ページを移動

過去ログリスト

記事カテゴリー一覧