旧モトラエンジンのヘッド整備



モトラエンジン ホンダ 横型 モンキー スタンド カブ シャリー ゴリラ ベンリー


旧モトラエンジンのカムを取り出すため、ヘッドを降ろしてみました。




モトラヘッド モトラカム MOTRA ベアリング ヘッドカバー


適当に解体。

<ちょっとメモ>

モトラのカムは車載状態ではヘッドから抜けません、
片側のベアリングがロッカーアームに干渉します。

タペット緩めてもダメ、外しても数ミリ隙間が足りません。

つまり交換するとき最悪の場合、右側カバー、ヘッドカバー、左側カバーのガスケットが必要。

現行の12v両側ベアリングカムの片側のベアリングが小さいのはコレが理由かも?

片側が小さければ、うまくやれば左側ヘッドカバーのガスケットの交換のみで、カムシャフトを交換できます。

モトラカム MOTRA ベアリング ヘッドカバー




モトラカム MOTRA ベアリング ヘッドカバー


モトラカム MOTRA ベアリング ヘッドカバー


モトラカム MOTRA ベアリング ヘッドカバー


カムの様子はこんな感じ・・・。

走行距離3万5千キロ超えてるんですが、異様に綺麗なヘッドです。

前の持ち主のオイル交換頻度が高かったんでしょうか?
自分の手元に着てからは頻繁にエンジン開けてたので、オイル交換頻度は高かったです。

カムの当たり面が非常に綺麗・・・コレより低走行距離のものを今のエンジンに使用していますが、
こんなに綺麗じゃない、むしろ汚い・・・。

もちろんベアリングにもガタは無し、
この前手に入れたモトラヘッドの状態が悪いので、このヘッドを現役復帰させるほうが良いのかも?

それにしてもカブエンジンの耐久性は凄いなぁ・・・。
オイルさえキッチリ交換してればずっと使えちゃいそうですよ。


さて、どうしましょうか? 
どちらのヘッドを使うべきか・・・。


<2007年7月29日追記>

ポート加工する? ハイカムを探す? とりあえずその前に掃除です。

サンエス K1 洗浄前



右の横型ヘッドが今回旧エンジンから降ろした物、
左がこの前買ったモトラヘッド(ハズレ、カムチェーンによる傷が酷い)
縦型エンジンのヘッドは別項で加工中のCB50Sのモノ。

どれも加工の過程で磨き上げるつもりですが、
とりあえず油汚れを落としておきます。

合成洗油、サンエス・K1を利用しました。

ヒータを使ってお湯の温度を維持して、軽くブラシで磨き上げ。

サンエス K1 洗浄後


結構綺麗になりました、今回はこんな小さなボックスで洗ったのでちょっと落ちが悪い・・・。

合成洗油は水の性質を変化させて、油が溶け込むようにして汚れを落としているはず・・・。
ということは薬剤の濃度より、水(湯)の量が重要なのかも?

水の許容できる限界まで油を溶かしてくれると考えると、
合成洗油の濃度はそこそこ、洗う物の大きさは小さめといった、
今回の場合でも大きな容器で洗ったほうがいいのかな?

とりあえず綺麗になったので加工作業の続きですね・・・。

汚れを落としてみましたが、やっぱり旧エンジンのヘッドが綺麗・・・。
コレを使うか?それともとっておきにしておいて、
ハズレヘッドを加工するか、ちょっと悩みます。













<トラックバックについて?>
トラックバック大歓迎です、自由にどうぞ
内容と全く関係ない&リンクのないトラックバックは削除させていただいています
↓このページのトラックバックURL
http://passedtime.blog12.fc2.com/tb.php/1068-2f1927b0





<<次の記事
⇒[歯が痛い・・・。]

>>1つ前の記事
⇒[ゲーマーには「ニュータイプ」がいる?]



 
⇒[Comment:0]   ⇒[Trackback:0]
 
FC2 Tag(s)
モトラ  MOTRA  CT50J  エンジン  シリンダーヘッド  モトラヘッド  モトラカム  ベアリング  中華 
最終更新 2007年07月29日04時10分
[記事カテゴリー ・HONDA ホンダ CT50Jc MOTRA モトラ  ]


Comment

コメント等、何かあればお気軽にどうぞ















英語のスパムコメント対策で英単語に対して投稿制限が掛かることがあります
メールアドレスを書いて質問くださる方が多いのですが、
基本的にコメントに対してメールで返信はしません、コメントにはコメントで返信します。


TrackbackList

ページを移動

過去ログリスト

記事カテゴリー一覧