PB22キャブレター モトラ専用キットっぽく



MOTRA CT50J HONDA ホンダ モトラ PB22 キャブレター カブ70 マニホールド Dio ポンプ


休みの日に珍しく早起きしてこんなの作っていました。
ボアアップ作業の前から考えてはいましたが、
パーツ調達の都合で見送っていたキャブレターの用意です。



今のキャブは20年物ですし、前の持ち主の扱いが良かったとは言えない、
お漏らしは止まりましたが、この機会全部換装しちまえ、といった感じ。

ガソリンタンク以外の燃料ライン一式全て交換します。

ボアアップ後、いろいろとマフラー、キャブレターの微調整をしつつ、
60km/h位で国道の流れに乗って走れるレベルにはなっていますが、
できるなら全体的にトルクアップを図って、もうちょっとエンジンの常用回転数を下げたいです。

また最高速度付近では燃料供給が追いつかない、
ガソリンタンクの残量が少ない状態では上り坂でガス欠気味の症状が出る、
原因は多分ガソリンタンクとキャブレターの位置関係。
ガソリンタンクとキャブレターの高さがそんなに変らないので、ガソリンが落ちにくいです、
残量が少ないときに登板すると坂の長さによっては燃料下りてこないと思う。

モトラを開発した時はデザイン→内部の順で組まれたんだろうか?
微妙にハーネスとか、リアサスの可動機構とか、エアクリーナーBOXなど、
隙間があった所に詰め込んだクサイ感じがします。

そういえばガソリン満タンで登板するとどうなるんだろうか?
ガレージで倒してしまった時、タンクキャップから盛大に漏れたなぁ・・・。
パッキンが悪いのか、タンクが悪いのか・・・。
まぁタンク関連の問題はまた今度考えるとします。


とりあえずポンプつけて無理やり供給すれば良いんじゃね?
ということでDio(スクーター)のポンプを調達してみました。

最初は負圧コックを設置して、手動のコックを廃止する、もしくはどこかに移設、ということを
考えていたのですが、ヤフオクで負圧コックを検索していると、
どうも負圧で動作する安価なポンプがあるみたい・・・試してみる?といった感じの流れです。

検索してみると同様のことを既に行われている人がいるようなので、
多分大丈夫な作業なんでしょう、
思いつきで調達した後だったのですが、コレで安心。

MOTRA CT50J HONDA ホンダ モトラ カブ70 マニホールド Dio ポンプ 負圧 コック 取り出し


負圧の取り出しはマニホールドから、
ココ多分結構負圧が掛かるはず、ちゃんと漏れないようにすれば二次エアの問題もキット大丈夫。

ボール盤で5.5mmだったか6mmだったか、ソレくらいの貫通穴あけ。

M7かM8だったと思う、ネジ目を切って、ロックタイト塗って締め込みます。

マニホールドは確かカブ70?のモノ、モトラの純正の物に比べて非常にガッシリしてます。
でも寸法的にはほぼ同じ、吸気ポートの穴の大きさも一緒。
ノーマルモトラヘッド用マニホールド(ビックキャブ装着用)
こんな感じで売っててもおかしく無い品。


KITACO:キタコ/マニーホールドセット

KITACO:キタコ/マニーホールドセット


社外品だと前振りの物が必要だから、マグナ用とかが使えるんじゃないかな?と


JUN international:ジュンインターナショナル/カブ90 RAYPC20フルセット

JUN international:ジュンインターナショナル/カブ90 RAYPC20フルセット CUB


社外のマニホールド買うならもう面倒だからキャブセット買ったほうが楽ですね、多分。

このセットのマニホールドが今回使用したものに良く似てます。
カブ90、70とかのヘッドのポートサイズがモトラヘッドと同じ?だった気がする。
それならすんなりとこういったセットが着くのかもしれませんね。



JUN international:ジュンインターナショナル/PC20フルセット(カブ90・ノーマルヘッド用)

JUN international:ジュンインターナショナル
PC20フルセット(カブ90・ノーマルヘッド用) CUB


この辺のセットはモトラにそのまま装着できそうな感じ・・・。
ジャンク流用派なのでキットは試しません、お金が無いだけとも言いますが・・・。

誰か試してくださいな。



MOTRA CT50J HONDA ホンダ モトラ カブ70 マニホールド Dio ポンプ 負圧 コック 取り出し KSR 110


負圧、ガソリンのチューブの取り回しはこんな感じ。
とりあえず中身が見える耐ガソリンなチューブを採用、
動作に問題がなければ純正品に置き換える方向で・・・。

キャブレターはPB22らしい・・・KSR110の純正品らしいです。

ワイヤー引きチョークの機構はモトラの部品を混ぜて加工済み、
この状態でポンプは動くのか?とマニホールドの穴から吸って負圧を掛けてみました。

問題なくポンプの動作音が聞こえましたのでOKのはず。

MOTRA CT50J HONDA ホンダ モトラ カブ70 マニホールド


若干マニホールドのキャブ側の穴が小さかったので、
キャブレターのインシュレーターの口径に合わせて拡大しておきます。
ルーターで適当にサッと加工して終了です。
ガスケットはこの後、純正のモノに穴だけ拡大して交換しました。

今のところ不安点は負圧ポンプの挙動、
供給しすぎ等にはならないだろうか?
多分Dioでキャブが溢れたりしないところを考えると大丈夫なはず・・・。

ホンの少しキャブレターよりガソリンラインを下げたので、
負圧ポンプだけでなくコックとしても動作してくれるかなぁ・・・。
コックレスにしたいです。


MOTRA CT50J HONDA ホンダ モトラ エアクリーナーコネクター


あと残りの加工はエアフィルター。

今の穴あきクリーナーボックスでも結構吸気音するのに、
パワーフィルターなんかつけたら・・・ということで純正エアクリーナーボックスを使うつもりです。

モトラのクリーナーBOXはキャブの真上にあります、
そのため専用のホースで繋がってます、でもこのホースの口径は純正キャブサイズ。
今回のPB22の口径には合いません、
先人様のアイデアを頂き、TRXのコネクター部を流用し、ホースを加工しました。
コレでいけるはず、サイトが再構築中の様子ですのでリンクは晴れませんが、
ホント、こんなスマートに収まると思ってなかったので感謝感激です。

接着が終わってから気がつきましたが、コネクターの分ホースを短くしないとダメだったかも?
まぁ多少ホースを曲げれば・・・ダメか(笑)

この辺は装着時にまた弄って考えるとしましょう。

ホントなら土曜日に加工完了していたので、
日曜日には装着できていたはずなんですが、起きたら昼の1時でした、
バイトもあるので装着は見送り、机の上に飾っておきます。

今週も雨が多そうですね、いつ積めるのかなぁ・・・。

<2007年7月20日追記>

クラッチ板急死・・・orz 
http://passedtime.blog12.fc2.com/blog-entry-1069.html


クラッチが急死したので作業を見送っていましたが、今日を逃すとしばらく出来ないので強行。

とりあえず車体には着いたけど・・・。

燃料ラインの取り回し、負圧ホースの強度、耐熱性、
燃料ポンプの配置と燃料送りすぎによるオーバーフロー。

この辺の問題が起こっています。

とりあえず自走は出来ますが、ガソリン漏らすのは怖いのでしばらく様子見。
ちょっと資材調達に出てこようかな・・・。

Dioポンプはちょっと頑張りすぎ、不定期にオーバーフロー?します。
負圧ラインが短いのでちょっと勢いが良すぎるのかも・・・。

キャブレター交換の効果自体は確実に出ていると思う。
ちょっとアクセル開けただけで実感できるので試走が楽しみです。

とりあえず吸気、排気の音を聞く限りでは、純正のキャブレター状態より静か・・・。
純正の物はカナリ無理してエンジン回してたんでしょうね、
とにかくゆとりがあります。

<2007年7月21日追記>

MOTRA CT50J HONDA ホンダ モトラ エアクリーナーコネクター


エアクリーナへの接続を見直していました、
ちょっと上側のチューブの長さが長い、そして曲がらない・・・。

この部分はステムシャフト、アクセルワイヤー、タコメーターワイヤーが密集していますので、
干渉とかはちょっとマズイ・・・。

で、チューブを切って縮めていたら失敗、予備のチューブも失敗、
原因はゴムの劣化、切りたい部分で切り出せませんでした、


セロ オールウェザー パワーフィルター


あとノーマルのフィルター接続時にアイドリングが不安定、不規則だったので、
とりあえずこの際だからフィルターも換装します。


ZERO:ゼロ/ハイパフォーマンスフィルター 90°タイプ

ZERO:ゼロ/ハイパフォーマンスフィルター 90°タイプ スーパー


CB50に組み込むつもりで買ってあったので90°に折れ曲がったタイプです。
延長してフレームの裏に入れ込むつもりでした。

このままでもモトラに着きそうなきもしますが。
甘い、着かない、ステム部に干渉するので更に捻じ曲げるチューブを作るつもり、今日は早起きしてハンズにでも行ってL型パイプを調達してこようかと・・・。

で、元のクリーナーエレメントのスペースまで引っ張ります、
この形で装着して、スカスカのスポンジでエアクリBOX内を満たしておけば、
吸気音も抑えられるかも?

接着剤の乾燥を考えると急いでも試走は日曜になりそうです、
今日中にガソリンラインの問題を解決したい・・・。

そもそもオーバーフローの原因がイマイチわからない、
フロートバルブもチェック済みですし、Dioポンプが悪いとも思えない、
もう一度負圧ラインも引きなおしてチェックだけしてみよう・・・。

ポンプはステーを変更して純正のコックがあった位置くらいまで移動する、
こうしないとガソリンフィルター部のホースが短くなってしまう。


<2007年7月24日追記>

ゼロ オールウェザー パワーフィルター モトラ 純正互換エアクリーナホース?


で、こんなの作ってみた、コレで多分純正エアクリーナボックス内にエアクリを格納できるはず・・・。

材料は書く必要あるだろうか?洗濯機のアレ。
ドレンホースとコネクターです。

丁度あのあたりのパイプは3㎝径で使いやすいんです。




JUN international:ジュンインターナショナル/カブ90 RAYPC20フルセット

JUN international:ジュンインターナショナル/カブ90 RAYPC20フルセット CUB


今更ながらこういったキットで買ってしまうのもアリですね、
このタイプのエアクリーナーならギリギリ装着できるかも?
機会があったらこのタイプのエアクリーナーを購入しよう・・・。

ただホント思うのはモトラのエンジン位置のこと、
なに考えてこの微妙な位置に落ち着いたんだろう・・・。

あとホンの少しステアリングとの間に空間を作ってくれれば、
上下にあと3㎝でも良いから空間が有れば整備が楽なんでけどね・・・。


まぁとりあえず上の試作品を装着・・・・できねぇ(汗
もちろん原因は前述箇所の干渉問題。

若干L字部分の取り回しが悪いので多少切り詰めて修正して装着しました。
ステアリング、ハンドルロックに干渉はなし、暇をみてこの部分のカバーも装着できるように加工しよう。

とりあえず試走はSJ38、MJ85からスタート、カブ90を参考にしてます、
このキャブレターはニードルの段数設定が無いので段数は無視、
エアスクリューはアクセル煽って反応が良かった2回転チョイで固定。

アイドリングが2千回転くらいになってたんですが、
この状態で1速で停車しておくとガクガクと何処かへ進んでいきそう。
キャブレター交換の効果は既に実感できています。

その後軽く試走、エアクリーナー無しの状態では大丈夫そう?でしたが、
エアクリーナー装着後はダメ、明らかに濃い・・・。
アクセルを慎重に開け閉めしないと加速もままならない、登板は全く無理、
ということでMJの番手を下げます。

今度はカブ70のMJ設定、75を参考に10番下げて装着、
今度はだいぶマシ、きちんと加速します、ただちょっと回転上昇に落ち込み?谷がある感じ。

案外純正キャブレターと同じMJ70で設定が出るんだろうか?
ちょっと慣れるまで登板が辛いかも?
平地では60km/hまで今までとは比べ物にならないくらい早く到達、
そこからはジワジワ加速しようとする感じ、
とりあえず試走を続けるのには十分なのでココで帰宅。

帰ってからはとりあえずゼロエアクリーナーの遮蔽版を撤去、
エアスクリューをもう少し気持ちよく吹け上がるように設定しなおして今日は終了。

とりあえず今日の感覚ではホンの一寸濃い感じ・・・。
登板時3速がパワーバンド外になるので使えない?
場合によっては2速にもっと頼るため、減速比変更が必要かも?
とりあえず3速が素のモトラより少しハイギヤなのが足を引っ張ってます。

平地巡航はいいんですが、やっぱり3速が登板に使えないのはマズイ、
非常にマズイです。

まぁ3速で登れないといっても、普通の坂なら3速で加速しながら登れるレベルですが、
「うぉ坂だ!」といったレベル坂のは無理。

たぶんコレが素の3速ギヤなら登ってくれるんでしょう、
ホンの8%?くらいの減速比の変化でも変るもんですね。


しばらくはこのMJ75で様子見です、不満を感じるようなら70に落とし、
薄いなら間の番手を調達するのかも・・・。



<2007年7月24日追記>

しばらく様子見とか言っていましたが、走ってテストするとまだ明らかに濃い感じ・・・。

結局このキャブレターでもMJ70で落ち着くんだろうか?

アクセル開度で燃調が合うと一気に回る、で、そのときの開度が小さめ、
ニードルの調整が出来ないので、やっぱりMJ交換の必要がある。

マフラーが原因?とおもったけど絞って苦しげながら、
7000回転を超えて回るので多分こちらは問題ないはず・・・。



デイトナ:DAYTONA/ラチェットハンドル付ビットセット

デイトナ:DAYTONA/ラチェットハンドル付ビットセット



この前までモトラのMJ交換時はキャブレター、
もしくはマニホールドから上を取り外して作業していました。
整備性劣悪です、手が入らない、工具はもちろん入らないので外さないとフロート室が開けませんorz

で、↑のような小型ラチェットを買ってきました、これでどうにか手首が入る隙間があれば作業できます。

もっと早く買えばよかったなぁ・・・。

試走はとりあえず明日以降、
もう一つクラッチがすべる問題が起きています。
燃調が合ったためか?5000回転を越えるあたりからズルズルクラッチが滑ってる気がします。

速度と減速比がそこを境に1割弱合わなくなります。

<2007年7月26日追記>

で、今日も試走テスト、MJは70へ変更。

まだ濃い感がある。というか流石にコレはオカシイ・・・。
観点を変えてみる、まず大きく仕様がキャブレター以外で変ったのは何か?
エアクリーナー周りが怪しい・・・。

とりあえず試走中にチョーク引いてアクセル開けてみる、いきなり燃調が合ったのか?
パワーバンドが広がったように3速20km/hからでもしっかり加速する。

昨日のMJ75、今日の70では3速はパワーバンド外では全く再加速できなかった、
それと比べると明らかにガツンと加速する。

どうやらエアクリーナーがスカスカ過ぎるのかも?
洗濯機ホースのアクロバティックな取り回しで吸気抵抗が大きそうな気がしていたんですが、
吸気はスムーズ、スムーズ過ぎる様子です。

そもそもPBキャブレターは純正エアクリーナーのような静かな吸気で本領発揮するんじゃなかっただろうか・・・。

セッティングの方向性がどうも明後日のほうへ向いていたようです、
もう一度ゼロフィルターを開けて遮蔽板(吸気調整盤?)を追加、
それだけでは物足りないので、余ってたフィルター材をパワーフィルターの空気取り入れ口に詰めておきます。

この状態で再度試走、今度はなんかいい感じ・・・。
さっきチョークを引いて走ったような感覚です。

またチョーク引くともう少し良い感じになるので、
部屋にある旧エアクリーナー製作時に出たジャンクでパワフィルを調整してみよう・・・。

とりあえず低速トルクは物凄く強化されてます、
ガレージで1速に入れておいたらアイドリングで自走していってしまう・・・。

アイドリングを1500回転までに押さえておかないとマズイかも、
ただ昨日まで変則的だったアイドリングがエアクリーナ加工後改善してきたので、
とりあえずエアクリーナの見直しでセッティングはまとまるかも?

負圧ポンプなど、その他の部分は問題なく動作、
ポンプステーのネジ、走ってたら無くなってた、振動で落ちたみたいorz

とりあえずもう一度まともなステーを造ろう・・・。

<2007年7月27日追記>

この前のチョークの一件を参考にもう一度エアクリーナを調整する。

ゼロレーシング オールウェザー パワーフィルター


パワーフィルターのカバーを外すとこんな感じ・・・。

パワーフィルター 加工


安定して静かに吸うように吸気に抵抗をかけてみます、
目が細かいフィルタースポンジを吸気口につけてみます。

内部のメッシュフィルター部にも同じ物を巻きつけておきました。

今日はこんな感じで試走と調整を繰り返したけどダメ、
マシにはなってきていますが、問題の原因が違うところに歩きがする・・・。

モトラ用のボアアップ対応マフラーを考える
http://passedtime.blog12.fc2.com/blog-entry-993.html


キャブレター換装時に仕込んでおいた消音機が悪いのでは・・・。
キャブレター換装したのに元の状態より静かになるくらいなので、
絞りすぎたのかも・・・。

アクセル開ける→回転上がる→急にボコつき→だいぶもたついてから回転上昇

多分マフラー側で排気しきれていないから濃く感じるのかも?

とりあえず消音機の加工を1段階前のモノに戻しました。

コレで直るかな?セッティングはおそらくやり直しです。

<2007年7月29日追記>

いきなり快調に・・・。

マフラーが原因か、コレはもうどうしようもない、
メッチャ静かな抜けのいいマフラーを自作?ソレくらいしか解決方法が無い。

もう適当なところでセッティングも落ち着かせることにします。

とりあえずエアクリーナーは追加のフィルターを取り払ってみようかな・・・。

とりあえず60km/hではスムーズに加速するけど、それ以上は未確認。
この状態でアクセル全開なので、全開域の燃調は薄い?




<2007年11月8日追記>

ボアアップにあわせて一次減速比を変更する
http://passedtime.blog12.fc2.com/blog-entry-976.html


遅いと不満を述べていましたが、問題はエアクリーナーにありました。

KITACO:キタコ/PK-7 ユニフィルター を組み込んでみる
http://passedtime.blog12.fc2.com/blog-entry-1118.html


新しいフィルターを試作し、装着したところ、ほぼ不満は解決。
減速比の問題もなくなったので、このままセッティングを煮詰めます。

SJ38 MJ80を装着中。
スローは濃く、メインはちょっと薄い感じ・・・。

うーんどうしよう・・・フィルターにかけてるカバーをはずし、MJを上げればOKか?
エアスクリューでがんばってダメだったらSJ交換かな?

とりあえず楽に60km/h巡航は可能、リアスプロケの丁数を下げて、
1速、2速の扱いやすさを上げてもよいかも?

ようやくこのキャブレターが本領を発揮してきた気がします。
多分次のATC110エンジンにもこのキャブは使えるんじゃないかなぁ・・・。
もう一個入手するか、今の物をそのまま流用することにしましょうか。

<2007年12月10日追記>

残念ながら、セッティングがいまいち決まりません、
キャブレターの口径が大きすぎるのかも?

マフラーが純正マフラーを改良した物ですし、抜けはよくありません。
抜けないのに吸おうとするような感じになっているので、なんかこうしっくりこない、
回転上昇も鈍いんです。

KEIHIN PC20 京浜 キャブレター カブ モンキー モトラ ビックキャブ 交換


コレを使うしかないのか・・・。

PC20キャブレター、CB50用にしようと思っていましたが、とりあえずつけてみることにします。

なべを氏にパッキンまでいただいたので、清掃して新しいパッキンを装着しました、
MJ85 SJ35 ついてたものをそのまま使わせてもらおう・・・多分80ccなのでコレでいける気がする。












<トラックバックについて?>
トラックバック大歓迎です、自由にどうぞ
内容と全く関係ない&リンクのないトラックバックは削除させていただいています
↓このページのトラックバックURL
http://passedtime.blog12.fc2.com/tb.php/1060-88922c28





<<次の記事
⇒[MBX50のホイール、NS50Fのフロント、TL50のスイングアーム]

>>1つ前の記事
⇒[もう12月なんですね]



 
⇒[Comment:6]   ⇒[Trackback:0]
 
FC2 Tag(s)
モトラ  MOTRA  CT50J  キャブレター  PB  PC  22    カブ70  負圧コック 
最終更新 2007年12月10日02時07分
[記事カテゴリー ・HONDA ホンダ CT50Jc MOTRA モトラ  ]


Comment

無題
Dioのポンプが送り過ぎって事はないですよ。
圧が強すぎで燃料が流れてきても、
フロートバルブが止めてくれるはずです。
不圧ラインは適正な圧を掛けるためにも
出来るだけ短い方が良いです。
短期間で硬化するのは黒ゴムホースでも同じですから、
透明のウレタン燃料ホースで大丈夫です。
オーバーフローはキャブのFバルブが逝ってるか、
ゴミが噛んでるんだと思われますが、
バラしてみてFバルブに段付きが有ったら交換ですね。
2007/07/20 home いかぽん。 #SFo5/nok 
無題
そのはず・・・なんですけどね。

困ったことにキャブはほぼ新車降ろしのもの、
ばらして組みなおしたときにバルブもチェック済みなので
なかなか困った感じです・・・。

でもまぁドクドクとこぼれることは無いんですよ、
フロートバルブが閉まる?瞬間の遅れ分くらい? そんな微量な漏れです

更に困ったことにエアフィルターのコネクトチューブの加工品、
若干納得がいかなかったので修正しようと切ったら、切るところを間違えました。

と、いうことで明日からしばらく不動です。
2007/07/20 home Tomo #- 
無題
なるほど。
普通はその当たりが原因なんですけど、なかなか難しい問題になってますね。
Dioポンプにゴミが噛んでて、それが流れてFバルブに噛んでしまってたとか有りそうな希ガス。w

あ、ポンプがあったらコックは要らなくなりますよ。
ポンプのヘタリ具合に因っては多少の漏れがありますが、
ポンプをタンクより上にあげておけば、まず漏れる事はないようです。
2007/07/21 home いかぽん。 #SFo5/nok 
無題
>ポンプをタンクより上にあげておけば

コレは多分ダメです、ポンプにガソリンいかないと
ポンプが始動不良になります、

コックレス化するならポンプからあとのガソリンラインを重力に逆らった方向に引っ張ってやれば、ポンプ停止時にガソリンが流れません、

Dioポンプも単体でテストしてからの始動なので、
何故微量に漏れるのか・・・ホント不明です。
Dioのキャブで漏れないんだからこのキャブで漏れるはずが無いとは思うんですけどね。

漏れは凄く微量なので無視できる範囲なんですけどね。

今日はエアクリチューブだけ試作して寝る事にします
2007/07/22 home Tomo #- 
無題
そうではなくて、"タンクを外したときにポンプをタンクより上にあげておけば漏れない"って意味です。
整備でタンクを外すときに大量にこぼさなくて済むから、地球にも懐にもやさしく便利ですね。w
まぁそうじゃないにしても、Dioのタンクは足下にあるのでポンプがあのサイズになるわけで、特に問題ないですよ。
ウチはエアクリーナーBoxを外してるので、それ用の穴にボルトで留めてます。
2007/07/22 home いかぽん。 #SFo5/nok 
無題
あ、そういう意味でしたか、ポンプの呼び水の話かと思ってました、
とりあえずガソリンタンク側にコックをつけようかとは思ってます

明日は晴れるといいなとおもってます、とりあえずチューブは出来ました。
2007/07/22 home Tomo #- 

コメント等、何かあればお気軽にどうぞ















英語のスパムコメント対策で英単語に対して投稿制限が掛かることがあります
メールアドレスを書いて質問くださる方が多いのですが、
基本的にコメントに対してメールで返信はしません、コメントにはコメントで返信します。


TrackbackList

ページを移動

過去ログリスト

記事カテゴリー一覧