スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



<トラックバックについて?>
トラックバック大歓迎です、自由にどうぞ
内容と全く関係ない&リンクのないトラックバックは削除させていただいています
↓このページのトラックバックURL
http://passedtime.blog12.fc2.com/tb.php/1041-6732ce89





<<次の記事
⇒[カタナ250Sのメーターを流用する]

>>1つ前の記事
⇒[私信 炭屋さんへ]


  
 
FC2 Tag(s)
最終更新 --年--月--日--時--分
[記事カテゴリー スポンサー広告 ]

カブ系エンジンのクラッチスプリング交換 ~遠心クラッチ編~



・ボアアップにあわせて一次減速比を変更する

何度もクラッチ調整を試みましたが、ペダルを踏み込んでも半クラッチ状態、
やりたくない、面倒だから脳内からのけて考えていましたが、
もう一度クラッチカバーを開ける必要があるみたいです・・・。




・モトラの遠心クラッチの調整 クラッチ滑り?

今回の症状をもう一度確認、
クラッチ調整の範囲内で限界までクラッチを切れるように設定しても切りきれない。

で、カブ系遠心クラッチで切れる切れないを制御するのはクラッチアウターとドライブプレート、
ソレの間のクラッチスプリング。

今回のクラッチは完成品組み込みではなく部品から組み立て、
多分ココでミスがあったんだと思う・・・。

ここ数日寝る前にジャンク箱の遠心クラッチを色々やってみて確信しました。

多分クラッチスプリングの取り付けネジが甘いんだと思う、
だからクラッチアウターがきちんと動かない、だからクラッチが切れない。

50ccカブのクラッチスプリングなら机にクラッチを押し付ける程度でネジ止め可能、
でも70ccカブのクラッチスプリング無理だった・・・。

使用しているスプリングは更に強力な物、無理に締めこんでネジ穴馬鹿になって無いだろうか・・・。

モトラ MOTRA CT50J  遠心クラッチ スプリング交換


画像はC70クラッチ、クランプ掛けて縮めてやればいいんです。
こうすれば簡単にネジが外れるのでスプリング交換も簡単。
ネジ緩めるのにインパクトドライバー云々言われるところですが、
こうすれば簡単に外れますよ。

この状態で裏からクラッチプレートを触ると隙間が空いていることが良く解かります。
コレが切れている状態なんですね・・・。

シフトペダルの機構で押されて縮むバネの長さはアジャストボルトで調整できるくらい微々たるモノ、
このスプリングがちゃんと組みつけられていないとクラッチが切れないわけですね・・・。
ネジの締まり具合が4本で違うとクラッチプレートの編磨耗の原因にもなりそう・・・。

カブ70、90のサービスマニュアルにはなんて書いてるんだろう、
モトラの物にはドライブプレートを押し付けてネジ止めしろみたいな記述だけだった気がする・・・。
そんな馬鹿力ないです、ハイ。


ちゃんと組み付いた状態だとネジ頭、ワッシャー、ドライブプレートのネジ穴がキッチリ合うはず・・・。
この状態で、スプリングが4本とも同じものなら均等な力がちゃんとかかりますね。

要するに作業を急いで手を抜いたため、手抜きがあったため、
こんなことになってるんですね・・・。

3週間前の俺、いっぺん死んで来い、ホントに。


もしかするとネジが破損しているかもしれないので、
倉庫からカブ90用のクラッチスプリングを用意してこよう・・・。
新品のドライブプレートに余ってるウェイト28枚を組み付け、
ちゃんとスプリング部のネジを締め上げて終了ですね。

・・・・。

ダメか、プレートも歪んだ可能性があるのか?
とりあえず綺麗なジャンクプレートの組み合わせも用意しておこう。


既にスプリング交換から脱線していますね・・・。
まぁとにかくスプリング一つとってみてもエンジンの挙動、特性に強く影響するので、
適当な作業はせず、じっくり慎重に、良く考えて・・・。
「何でやるの?」ということが解からなければやらないほうが幸せですね。




<2007年5月31日追記>

プレートだけ用意してもダメだな・・・。
もしクラッチカバー開けて遠心クラッチが壊れてたら?

そんなことを考えるとクラッチAssyで交換したほうが安心できる。

というわけで、


■■原付板■■
http://gentukiban.nobody.jp/index.html


原付板管理人さんに頂いたクラッチ部品セットから綺麗なC70クラッチを用意し、
新品で余っていたドライブプレート(ウェイト28枚仕様、カブ70、90用)を組み込み、
クラッチスプリングにはカブ90のものを組みました。

80ccエンジンですのでコレで十分なはず・・・。

モトラ MOTRA CT50J  遠心クラッチ スプリング交換 カブ90


ココまで用意をし、クラッチカバーを開けました。

で、原因は何か?コレに関しては疑わしいのレベルだけど、おそらくクラッチダンパースプリング。
4本のうち1本が折れ曲がっていました。

はめた時綺麗でした、物は新品でしたし、運が悪かったのか不良品だったのか、
とりあえず検証は後日元気があればということで・・・。

ダンパースプリングが破損→クラッチが斜めに切れる、
ドライブプレートがちゃんと動かないのでクラッチが切れなくなった。

こんな感じだったのでは?クラッチ板のプレートも編磨耗していました、
走行200kmでは絶対にならないような磨耗だったので、
切れないだけでなく、まともに繋がっていなかったのかもしれません。

抜いたオイルも激しく濁っていましたし、
エンジンの発熱はクラッチが原因だったのかも・・・。


組み込んだC70クラッチ改は恐ろしく気持ちよく動作してくれています。
また調整で難儀するかと思いましたが、1回適当に調整しただけで気持ちよくクラッチが切れるようになりました。

あ~気持ちいい、回転数合わせてシフトダウン、パワーバンド維持で加速、
コレでやっと気持ちよく乗れますよ。

ここ数日辛かったなぁ、半クラッチでシフトチェンジできる回転数までアクセルを戻し、
ペダルを踏んで回転合わせながら戻す・・・。
回転数があっていないとシフトペダルを踏めない(急激なエンブレがかかる)ので、
ちょっと走ってはクラッチ調整を繰り返し、切れないかなぁと悪あがきしていました。

急がば回れの典型例ですね、
クラッチ板の消耗ですべることはあっても切れなくなることは無いですね、
良く考えてみると、クラッチの機構で物理的に切っているんですから、
切れないってのはどこかクラッチ内部がおかしい訳だったと。

また出来ればしたくない経験を積むことが出来ました。
もう同じことにはならないはず・・・と思ってとりあえずプラスに考えよう。

コレで減速比変更の作業もやっと完成です。














<トラックバックについて?>
トラックバック大歓迎です、自由にどうぞ
内容と全く関係ない&リンクのないトラックバックは削除させていただいています
↓このページのトラックバックURL
http://passedtime.blog12.fc2.com/tb.php/1041-6732ce89





<<次の記事
⇒[カタナ250Sのメーターを流用する]

>>1つ前の記事
⇒[私信 炭屋さんへ]



 
⇒[Comment:0]   ⇒[Trackback:0]
 
FC2 Tag(s)
MOTRA  CT50J  カブ  遠心クラッチ  スプリング  交換  モトラ 
最終更新 2007年05月31日01時08分
[記事カテゴリー ・HONDA ホンダ CT50Jc MOTRA モトラ  ]


Comment

コメント等、何かあればお気軽にどうぞ















英語のスパムコメント対策で英単語に対して投稿制限が掛かることがあります
メールアドレスを書いて質問くださる方が多いのですが、
基本的にコメントに対してメールで返信はしません、コメントにはコメントで返信します。


TrackbackList

ページを移動

過去ログリスト

記事カテゴリー一覧



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。