スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



<トラックバックについて?>
トラックバック大歓迎です、自由にどうぞ
内容と全く関係ない&リンクのないトラックバックは削除させていただいています
↓このページのトラックバックURL
http://passedtime.blog12.fc2.com/tb.php/1025-aab95244





<<次の記事
⇒[パソコンがぶっ壊れた・・・・。]

>>1つ前の記事
⇒[モトラの3速のギア比を変更する]


  
 
FC2 Tag(s)
最終更新 --年--月--日--時--分
[記事カテゴリー スポンサー広告 ]

モトラエンジンにピストンクーラー(オイルジェット孔)を加工



モトラエンジンをようやく完全解体しました。

出てきたクランクはメチャ綺麗・・・。
見た目は最悪だけど中身は当たりのエンジンだったようです。

ダメな感じのクランクが出てきたら、芯だし、追加加工等に出そうと企んでいましたが、
折角綺麗のでコレを良い感じに生かす方向へ計画変更です。

どうせならこのエンジンより次に組む予定のエンジンに予算は回したいです。

そこで縦型エンジンのジャンクで練習していたピストンクーラーが、
それなりに上手くいったのでモトラにも実装することにしました。



実装の目的は、クランクシャフトの潤滑&冷却強化。
潤滑より個人的には洗浄効果に期待。

機構的にはオイルポンプからのオイルをピストン裏側、
コンロッド、ピストンピンのあたりに直噴してやる物。

タイカブ系のNICEに実装されているとかいないとか?
そういえば最近近所でタイカブ系の車両を良く見る・・・。
代理店でもあるんだろうか?
郵政カブより遥かに静かな音で高速巡航できるんですね~アレって、
凄く羨ましい・・・。

まぁそんなことは置いておいて加工です。

オイルポンプからのオイルラインを引いてやればOKなわけです。
オイルポンプ側から2mm位のドリルで穴をクランクケース内側、
ベアリング受けの根元あたりの目標点に向かって開けて(貫通はさせない)。

クランク側から細いドリルでその孔に向かい穴あけ、
貫通させてやればOK。

その際、クランクケース側は噴出し方向を考えてドリルを立てること。



モンキー カブ ピストンクーラー オイルジェット孔 加工 モトラ MOTRA


クランクケース内側の孔の様子。

ドリル刃でオイルジェット孔の方向を示してみる。

多分、シリンダーを組み付けて、スリーブが入ってくることを考えると・・・。
この辺に吹き出ればいいじゃないかと?

茶色のヤツはクイックスチール、
ブッちゃけますとかなり失敗しました、
0.8mm径のドリル歯が数本犠牲に・・・高いのよアレ。

中途半端な加工跡をクイックスチールで埋めてます、
強度的には多分OKなはず・・・。

小型の電動ドリル、ピンバイスで最初作業していましたが、
刃は折れ飛ぶわ、穴に残るわ、穴は繋がらないとグダグダでした。
CB50エンジンジャンクでの練習はほぼ意味なし、
実装位置が違うので当たり前といえばそうんですけど・・・。(苦笑)

とちゅうからボール盤に括りつけて固定し、作業しました。
ボール盤でやると一度で成功…今までの苦労はなんだったんだorz

クイックスチールで醜い見にくいですが、
オイルジェット孔自体は0.8mmです、口の辺りは1mmにしてあります。
刺さっているドリルは1mmのもの。

イメージ的にはスプレーの噴霧口みたいな感じにしています。


モンキー カブ ピストンクーラー オイルジェット孔 加工 モトラ MOTRA


オイルポンプ側はこんな感じになってます。

こちらもクイックスチールで補修しているように見えますが、
こちらはオイルラインを修正するためにクイックスチールを使いました。
クイックスチールの裏側に角度が急なトンネルが開いていて、
見えている穴と繋がっています。
理由としては埋めてある穴の部分までオイルポンプからの供給用の溝を掘り込むと、
ポンプの紙ガスケットの当たり部分が1mmあるか無いか位になってしまうので、
オイル漏れが怖かったことですかね。


クイックスチールの完全硬化を待って、オイルストーンを掛けて、
キッチリ面を出してこちら側の加工は終了です。

クランクケース内部側はクイックスチールのバリ取りをしてやって終了です。

ここまで書いて今更ですが、アルミ屑が結構出ます。
クランクケースのベアリングに入ればおそらく確実に動作不良を起こすでしょう。

マスキングするのも良いでしょうし、キッチリ作業後は洗浄を・・・。

自分はこのままクランクケースの磨きこみを行い、
その後エンジン組み上げ前慎重に洗浄を何度も行う予定です。




一応動作テストの動画も張ってみる・・・。




ブレーキクリーナーでテストしてみた。

ちゃんと吹き出ますね、予定通りの方向へ。
そんなに強く吹き付けて無いんですけど、霧状にカナリ飛びます。

コレでWPC加工済みのピストンは更に頑張ってくれるはず?はず・・・。

勢いが良すぎる気もするなぁ~壊れませんように・・・。

画像が適当な穴のものしかないのは勘弁です。
どうなっているのか想像できない人はやらないほうが吉かと。
自分は実験的に組むエンジンに、自分がやってみたいからやっているので・・・。


KITACO:キタコ/スーパーオイルポンプキット

KITACO:キタコ/スーパーオイルポンプキット


従来のオイルラインの油圧低下はおそらく確実に起こります。
オイルポンプ強化、オイル量の見直しは必須です。



加工は自己責任で・・・。




<2007年4月27日追記>


MOTRA CT50J HONDA ホンダ モトラ ミッション 3速 組み換え カウンターシャフト


こんな状態でピストンをつけてもう一度テスト、

画像は手が油まみれで取れませんでしたが、ちゃんとコンロッド部にオイルが飛ぶので大丈夫なはず・・・。


・モトラの80ccへのボアアップ エンジンと車体の構成

以降の作業はボアアップのまとめのエントリーにて・・・。












<トラックバックについて?>
トラックバック大歓迎です、自由にどうぞ
内容と全く関係ない&リンクのないトラックバックは削除させていただいています
↓このページのトラックバックURL
http://passedtime.blog12.fc2.com/tb.php/1025-aab95244





<<次の記事
⇒[パソコンがぶっ壊れた・・・・。]

>>1つ前の記事
⇒[モトラの3速のギア比を変更する]



 
⇒[Comment:0]   ⇒[Trackback:0]
 
FC2 Tag(s)
モトラ  MOTRA  CT50Jc  モンキー  横型エンジン  カブ  ピストンクーラー  オイルジェット孔  スプレー 
最終更新 2007年04月27日02時42分
[記事カテゴリー ・HONDA ホンダ CT50Jc MOTRA モトラ  ]


Comment

コメント等、何かあればお気軽にどうぞ















英語のスパムコメント対策で英単語に対して投稿制限が掛かることがあります
メールアドレスを書いて質問くださる方が多いのですが、
基本的にコメントに対してメールで返信はしません、コメントにはコメントで返信します。


TrackbackList

ページを移動

過去ログリスト

記事カテゴリー一覧



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。